レコードとレコードのあいだから……

いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。シンクロニシティな出来事が次々と起こっていくワクワクな珍道中。すべてノンフィクションです。

奈良の都祁(ツゲ)山口神社、和歌山の闘鶏(ツゲ)神社

奈良県奈良市都祁小山戸町

 

都祁山口神社

 

f:id:keith5445:20170714081753j:image

 

奥宮 おしゃやまさん

f:id:keith5445:20170714090237j:image

前方後円墳の形をしているそうです。

小山戸は、おおやまとと読むそうです。

『ヤマト』

ここから東に名張があり、名張あたりまで琵琶湖だったと言われて…たぶん…

 

都祁は、ツゲと読むんですね、日本語は難しい…

 

神社の案内板には別の漢字『闘鶏』てツゲと書いていました。

 

和歌山県田辺市に闘鶏神社があります。

 

近くにはリュウゼン山があり リュウゼン山の言われには、神島の辺りの海から大己貴命かあらわれたと闘鶏神社に残されていた資料にあるそうです。

 

海からあらわれた大己貴命は、馬車にのり空飛ぶ雲に乗ってリュウゼンヤマに行ったと書かれてあると…  

 

空飛ぶ雲に乗って…と言えば聖徳太子を思い出します。

f:id:keith5445:20170714094053j:image

 

同じ田辺市高山寺がありますが、創建は聖徳太子で…空海さんが後々再建したお寺。南方熊楠さんの墓もあります。

 

前回のブログに書きました…和歌山県清水町まで海だった…高野山一帯はその頃にはすでに重要な場所だった…奈良県都祁辺りも…

 

奈良県都祁辺りは、元河内とも言われているそうで、河内弁の発祥地だそうです。

 

先日山登りして何度も倒れたと書いたその山がリュウゼンヤマと三つ星山です。大変でしたが 、登ったおかげで、そこから自分が7、8年前からあちこち巡ってきた流れから また新たな道が見えたので 結果 リュウゼンヤマはやはり凄い場所でもあり、奈良県都祁山口神社にあるおしゃまさんも同じで 都祁山口神社に行ってから いろいろと繋がった話もあります。

 

7、8年前に奈良県長谷寺で起こったまた不思議な体験も リュウゼンヤマに登った事で大阪城に繋がり、その他いろいろなことに繋がって行ってます。

 

と言うわけで ツゲと言う名のある場所はなんだか凄いな〜っと 思います。