レコードとレコードのあいだから……

いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。シンクロニシティな出来事が次々と起こっていくワクワクな珍道中。すべてノンフィクションです。

出雲 追記。。。

蚶貝姫(きさがひひめ)と蛤貝姫(うむがひひめ)

先日の出雲大社にて、この2人の姫神が祀られている場所に初めて訪れることができました。他にも、岡山、鳥取、島根にも祀られているそうです。

そもそも、この2人の姫神を知ったのは、この青木繁の絵画『大穴牟遅命』がきっかけでした。

青木繁さんは神話の世界を西洋風に幾つか描いてます。

この絵画の神話ストーリーは…

大穴牟遅神は、八十神たちに真っ赤に焼かれた猪の形の大石を突き落とされ、焼け死んでしまったのですが、御祖命と高天原の神御産巣日之命(かみむすひのみこと)のはからいで、蚶貝姫(きさがひひめ)と蛤貝姫(うむがひひめ)が遣わされ、生き返ることができたのでした。そのとき蛤貝姫は、母の乳汁を大穴牟遅神のからだに塗って蘇生させた。』ということで…

先日の出雲旅で、美保神社から日御碕神社に向かう途中、

なーんか気になる所があったんですね。。。なんかザワザワするような感じの…

あとあと地図で見ると松江城辺りだったのがわかりましたが…

さらに調べてビックリ その気になる場所から北には

蚶貝姫(きさがひひめ)が 祀られている佐太神社

蛤貝姫(うむがひひめが 祀られている法吉神社が

あるのがわかりました。なんかザワザワしたのはこれだったんだ……。

次回の宿題ですね…

そして、後日談で… 次に出雲行ったら隠岐諸島にも渡ってみたいな〜と

思っていたら… たまたま入った喫茶店にこの写真‼️

しかも光が当たっているというね……

しかも、グレッグに会ったすぐ後というね…

たぶん、また シップ(UFO)あらわれるんちゃう……

この島行ったら………

それと他にも…

蚶貝姫(きさがひひめ)は赤貝を表し、祀られている佐太神社では…

出雲国風土記』嶋根郡加賀の神埼の由来について、 佐太の大神がお生まれになった所。 お生まれになろうとする時にあたって、弓矢がなくなった。 その時、御祖神魂の命の御子、枳佐加比売の命が 「わたしの御子が、わたしの信ずるとおり麻須羅神の御子であるならば、なくなった弓矢よ出て来い」と祈った。 その時、角の弓矢が流れてきた。手にお取りになって「これは違う弓矢である」とおっしゃって投げ棄てられた。 次に金の弓矢が流れてきた。目の前に来るまで待ってお取りになり「暗い岩屋であるなあ」とおっしゃって、 岩壁を矢で射通された。

出雲国風土記』嶋根郡加賀郷の由来について、 佐太の大神が、この地で生まれた。御祖先の神魂の命の御子、支佐加比売(きさがひひめ)の命が、 「真っ暗な岩屋であるなあ」とおっしゃって、黄金の弓で射られた時に、光りカカやいた。

とあります。先日の出雲旅で、最初に立ち寄った 粟島神社

そこに 志都(しず)の岩屋という小さい洞窟がありました…

暗い岩屋だったので、何故かその洞窟に

携帯の画面を反射させて太陽の光を入れたんですが…

上記の話は出産に関しての話だとは思いますが…

なんだか微妙にシンクロしてますね……。

蛤貝姫(うむがひひめ)は蛤…

「その手は桑名の焼き蛤」の「蛤」(はまぐり)は、

日前大神を象徴していると言われ

北伊勢の桑名明神もこの神様の別名と言われていると…

日前大神といえば…日前宮。。。。 天懸大神ともいうらしいです。。。 話が長くなるのでまたにします。。。。。

蛤貝姫はうぐいすになって飛んでいくという話があります…

うぐいすになって飛んでいくシリーズ見るなの座敷とか…気になりますね。

なんだか気になりません?…

天女が降りてきたシリーズは、どうやらシップ(UFO)と 関係あるとも言われているんですね…

グレッグと会ったすぐ後に 隠岐諸島の絵!

そして、このブログの始まりの神島! 一見バラバラなこのブログの記事も なんだか繋がっていきそうですね!

今まで気になっていたバラバラな事が

こうしてあちこち訪れると繋がっていくんですよ…

楽しみですね( ´Д`)y━・~~