レコードとレコードのあいだから……

いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。シンクロニシティな出来事が次々と起こっていくワクワクな珍道中。すべてノンフィクションです。

点と点 ⑧ 出雲の数霊

出雲の数霊を調べようとしたら

『いずも』と『いづも』ってどっちなんだろう?と

ふと思い調べてみたら

八雲たつ出雲と言う詠があり、雲いづる国が出雲という。

ならば、いずもではなくいづもでしょう。

この違いは、数霊を見てみるとその意味合いはかなり違います。

いずもだと95 になり、いづもだと100になります。

95は 成長の数霊で、一歩一歩成長していく姿、小さな一歩の積み重ねが明日を豊かにする。 発芽の人ともいわれ、秘伝、役者…etcなキーワードも見れます。

100は、誰からも愛される、熟練された古き魂を持つ数霊。満ち足りたとか完璧な、あるいは完全なると言った意味合いになる。

富士山も100、オオクニヌシも100、鳥取の大山(だいせん)も100、スクナヒコナも100。

いずもだと一歩一歩成長していく姿

いづもだと熟練され満ち足りた完全なる姿

どちらの意味もすばらしいですが、意味が違うのは……。

日本一大きい日の丸と数霊100のいづも

なんだか新たな発見です!ありがたや〜!

ところで、『ず』と『づ』について、ザ行ダ行ですが…… 和歌山県人はザ行が全部ダ行になります。ぜんぜんをでんでん、どうぞうをどうどう。。。その決定的な証拠です。洗剤を…

よって 和歌山では いずもはいづもになるのであります(笑) パチパチパチ♫

今まで、ザ行ダ行でバカにされてきた和歌山県人の皆さん もうすぐです!何が?笑

さて、日ノ御埼神社の 「ひのみさき」を数霊で見てみると。。。

ひのみさきで 和が 108となり。

「聖なる光と俗なるものが融合し、昇華していく数霊です。言行一致で徳を積み、天に愛される人になりましょう。あなたはすでに生ける神の宮なのですから。」とあります。

聖なる光と俗なるものが融合し、昇華していく数霊。。。

よく和霊、荒魂と目にしますが。。。

荒魂は、本能や欲望のような物質面をつかさどる霊魂。 和霊は、知徳や理性のような精神面をつかさどる霊魂。

和霊は、昇天して子孫に幸福をもたらす。 荒魂は、墳墓に留まり生まれ代わって子孫の繁栄となる。

というそうです。

なんだか難しい話ですが。。。

なんとなく輪廻転成のイメージがするような。。。

熊野と出雲も深いんですね。

そのザ行ダ行を同じ発音をする和歌山県にある 出雲の祖神と同じ神様が祀られている神島(カシマ)、その近辺は口熊野と言われています。

そして、出雲の締めくくりが点と点 ⑧になってますね… シンクロだ…

八はや、弥彦の弥、矢でもあり、末広がりに広がり行く数霊。大自然の意に生かされて、一体となって進んで行く様を示している。行く先は弥栄(いやさか)の世界。喜び栄え賑わう弥勒の世。

古神道では、乾杯ではなく 『弥栄(いやさか)ー』というそうです。(^^)