レコードとレコードのあいだから……

いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。シンクロニシティな出来事が次々と起こっていくワクワクな珍道中。すべてノンフィクションです。

点と点 ⑦ 出雲と神島(和歌山県)の神

うさぎさんの見つめる先に

f:id:keith5445:20170322145027j:image

 

この神様がおられます。

f:id:keith5445:20170322145029j:image

 

天夷鳥命 』あめのひなとりのみこと

 

和歌山県にある神島にも同じ神様が祀らているそうです。

 

ヒナトリは、「鄙照(ひなてる)」の意で、天降って辺鄙な地を平定した神の意という説がある。

 

鳥といえば… 日ノ御埼神社のご神体の島にもたくさんの鳥がいました。

 

鳥と言われてすぐに浮かぶのが

 

f:id:keith5445:20170322152833p:image

 ホルス。。。

 

 古代エジプトでは 輪廻転成は魂の成長のシステム

 

そして、死者の審判は常に残されている

 

生者と死者の崩れない障壁として。。。

 

そして、ホルスは言う

 

「この瞬間から 死後の世界は 黄金ではなく

 

善行、思いやり、そして寛大によって審判される

 

どのように人生を送ったかで…」と。。。

 

これを『法』が変わるというのだろうか

 

だとしたら、ダルマは法を意味する。

 

ダルマ大師の禅のは、スティーブン・ジョブズボブ・マーリーのいう内なる声に耳を傾けることにも繋がる。

 

死者の審判に、この内なる声に耳を傾けることも足されるとしたら どうだろうか?

 

これからは見えない世界を人類がどうとらえるが問われる時代になると言われている。

 

自分の内なる声も見えないモノだ。

 

一般的に言われている「ワクワク』することも純粋に内なる声から来ていると思う。

 

出雲大社 神楽殿裏の社と日ノ御埼神社での話は

 

死者の審判を新しくしたホルスと死者の魂を死後の世界へと導くハトホル、ホルスとハトホルのようにも見える 出雲の旅は地球規模の歴史のロマンのようにも思えます。

 

ハトホルは、太陽神ラーの娘とも言われています。

 

鳥と人間は二本足で歩く。。から

 

いろいろ雑ですが繋げてみました。

 

カエルさん。。。出雲大社でもあらわれました。

 

 f:id:keith5445:20170322200140j:image