レコードとレコードのあいだから……

いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。シンクロニシティな出来事が次々と起こっていくワクワクな珍道中。すべてノンフィクションです。

311のあの日……そして音楽

f:id:keith5445:20170310225545j:image

f:id:keith5445:20170310131210j:image

2011年3月11日 午後2時46分

 

ぼくは 仕事で和歌山県日高郡中津村から

 

山を抜けて 和歌山県海南市へ車を走らせていました。

 

運転しながら ぼんやり山の景色を見ていると

 

東の山々の尾根の向こうから

 

『 わっーーーーーー!』という歓声にも似た

 

なんだか騒がしい祭りのような気配というか

 

気というか…… 明らかに何かが起こっているのを感じました。

 

それから 山を抜けて とある家電量販店に着き

 

店の壁一面にディスプレイされている

 

たくさんのテレビの画面を見て驚きました。

 

さっきの祭りのような気配はこれだったんだ。

 

一種のテレパシーーのようなものでしょうか

 

あの衝撃波のようなものは、どこまで響いて行ったのか………

 

あの311から目覚めたという人々がたくさんいると聞きます。

 

おそらくあの衝撃波が身体を突き抜けて行ったんだとぼくは思います。

 

気づく気づかない関係なくみんなの身体を突き抜けて行ったと。。。

  

目に見えている世界にも 目に見えない世界にも我々は住んでいます。

 

そう考えると、この地球上でたくさん 争いや惨事が起こっている現在。

 

その悲しみや怒りの衝撃波が自分達にも影響していないとも言えない。

 

それならば 逆に 暖かい癒す波動を発生させることもできるのかもしれない。

 

あの時、沢山の方々が東北を助けるために走って行きました!

あの時にみなさんは、なりふり構わず動かれました。心が動いた。

 

物資を送ったり、とにかく冷静に保とうとしたり

 

あの時の我々 日本人の姿を見て海外の人々は驚いたとニュースにありましたね。

 

我々日本人は、そのDNA(心)を持っている。


『人類の最終兵器 それはあんたの心やで!』

亡くなられる直前にこの言葉を残した方がいることを最近 知りました。

 

その方は、故 桑名正博さんです。

f:id:keith5445:20170310225541j:image

 

桑名正博さんは メルトダウンするかもという時に twitterで懸命に

 

@masayan987: 祈りましょう!我々のそして日本の未来のために大人で有りましょう!そして、未来を残す為の努力をしましょう!逃げるのは罪では有りませ ん。逃げないのが罪です!崇高な判断を早急にお願いします!と

 

うったえていた…。

 

 

今、福島原発は………

 

アメリカは、すぐに原発を停止し シェールガス発電に切り替え……

 

それよりも。。。。。。。

 

早くフリーエネルギー社会にならないのかと思う……。

 

フリーエネルギー社会ってどんな社会だろうか

 

そして、どうしてフリーエネルギー社会がもたらされないのかとフト考える。

 

フリーエネルギー社会の原点は

311のあの時のように

自らの心と身体を使って助け合う

自分のためでもなく 誰のためでもなく

ただ我はそういう存在であるという一人一人の心から

もたらせる社会なんじゃないか!もしかしたら…

 

それがフリーエネルギー社会の法なんじゃないか。。。

 

それが ダルマ大師のダルマという意味なのかもしれない。

(ダルマはサンスクリット語で法といいます。)

 

だるま様と言えば、ユーモラスな張り子の置物などで広く親しまれていますが、私どもに「七転び八起き」の言葉通り、くじけず辛抱すれば必ず報われるという、不撓不屈の精神を授けて下さる尊いお祖師様とあります。

 

これからのフリーエネルギー社会を本気で臨むなら

 

「 人類の最終兵器 それはあんたの心やで!」が鍵となるんじゃないでしょうか

 

その鍵は 我々 一人一人が持っている。

 

そして、見えない世界をどう意識するかも、鍵なんじゃないかと思います。

 

目に見えない世界にも我々は住んでいます。

 

それを簡単に意識しやすくするには まず目をつぶることも一つです。

 

座禅の瞑想の時に目をつぶりますよね

 

この間 会った ダルマ大師は、 禅の教の祖神。

 

座禅や瞑想も これからの時代の鍵になって行く、そう思います。

 

そしてもう一つ、目に見えない世界が一番わかりやすいのが音楽!

 

 

目に見えないけど、自分の好きな音楽に包まれていると気持ちいいです。

 

逆に不快な音だといてもたってもいられなくなる。

 

耳に聞こえるだけが音ではなく 耳に聞こえない音もありますが

 

自分達が住んでいる目に見えない世界をより良いものに変えるには

 

音楽が一番 手っ取り早いトゥールなのは今も昔も変わらない。

 

『人類最終兵器の1人1人の心』をあの311の時にきづかされた フリーエネルギーの原点とも言える 心と身体を使って 奏で ともにこの地球の上でダンスをしたら 世界はどう変わるんだろう?

 

311からもう6年 あなたの地球に対する意識は あれからどう変わりましたか?と

 

ぼくは今 自分に問いかけている。

 

桑名正博さんの The Triple X時代の楽曲 

 地球が泣いている - YouTube

 

f:id:keith5445:20170311004452p:image