レコードとレコードのあいだから……

いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。シンクロニシティな出来事が次々と起こっていくワクワクな珍道中。すべてノンフィクションです。

神島 ① 地球外知的生命体の足跡

今日からぼちぼちと

自分が出会ってきた歴史と音楽を

繋げながらブログを書いていこうと思います。

自分はセレクター(DJ)をしてます。

選曲するさいに曲と曲を繋げますが…

その繋げるという一種の職業病が功を奏したのか

大嫌いな歴史を点と点で繋げるのに役立ち

太古=宇宙という答えから あちこち巡って

レコードとレコード(記録)の間から

今を旅しています。

1回目の今日は和歌山県田辺市にある神島です。

神島には

昔に巨人が島を天秤棒で担いでいて

その天秤棒が折れて海に落ちたのが

この2つの「かしま」になったと言う。

逸話があります。

もう一つのかしまは、隣の南部町に鹿島(かしま)です。

鹿島については、「戦勝観音の側にある「観音の御霊石」という「要石」です。これは鹿島明神(武甕槌神)が初めて鹿島に鎮座したときに座られた石ともいい、鹿島の下には地震をおこす神(なまず?)があって、ともすれば暴威をふるうので、鹿島明神が上から押さえつけているのだと伝えられます。なお「要石」は、明治末に海中にあったのを引き揚げ、現在の位置に置いたものです。」と言われています。詳しくはこちら

和歌山県紀南には地球外知的生命体が

地球に関与してきた痕跡が逸話としてたくさん残っている。

地球に最初に来たのが巨人族系のゲルの

宇宙グループだそうです。

世界各地に残る巨人伝説はこのゲルという

宇宙グループの痕跡だそうで 必ず巨石があると言われているそうです。

ここ和歌山にも巨人伝説がたくさんあります。

こういう学問を宇宙考古学と呼ぶそうです。

去年初めてお会いしたトーマさんのブログ精神世界の鉄人にわかりやすく詳しく 書かれています(^^)

さてはて。。 いろんな痕跡の地を巡る時に いろんな自分の内心と その地のバイブレーションがシンクロして、それが音楽(曲)として 現れたりしなかったり。。。たまに行く先々の地でiphoneから曲を流したり しています。正解すると虹が出たり、小鳥がダンスしたり。。。 そんなこんなをこれから書いていこうかと思っています。

読んでいただいた皆さんに何かの道しるべとなれば幸いです。

紀南地方 牟婁郡に向かうときには何故か頭の中にボブマーリーが流れてきます。

巨人族は哲学的と言われているそうですから レゲエのラスタとなんかあるんですかね〜

Bob Marley - Zimbabwe - YouTube

神島について詳しくはこちら