レコードとレコードのあいだから……

いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。シンクロニシティな出来事が次々と起こっていくワクワクな珍道中。すべてノンフィクションです。

点と点 ⑤ 夜を守る神社

今回の出雲の旅も シンクロニシティがたくさんあらわれました。

ホームページ日ノ御埼神社

伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守る」と言われています。

1つ前の記事の続きになりますが…

ここを訪れた日はちょうど 春分の日の前日で、夜が長かった季節の最後の日

そして次の春分の日から 昼の時間が長くなっていきます。

春分の日

昼=陽・現象界(見えるもの)

夜=陰・潜象界(見えないもの)

昼と夜、陰陽のエネルギー、目に見える世界と目に見えない世界のバランスを釣り合いが等しくなる日でもあるそうです。

その夜を守る神社に、夜の季節の最後の日にこれた事が

本当にありがたかったです。そして、この神社に着いたのが夕暮れ時で

運良く 御神体である島の鳥居に沈む太陽をも拝む事ができました。

この地方では、夜にこの神社を参拝し、朝一に出雲大社を参拝するのが良いと

言われているそうです。実は先に出雲大社を参拝しようとしたのですが、

あとちょっとで出雲大社という所で 交通事故で通行止めに合い 迂回させられ

微妙に参拝時間が厳しくなり、先に近くの稲佐の浜を訪れてから

日ノ御埼神社を訪れ、出雲大社は次の日の午前中に行く事に変更しました。

しかし、道を迂回させられた事が

結局は、上手く予定が流れる結果となり、バッチリのタイミングで写真も撮れました。

この日ノ御埼神社の由緒によりますと…

「出雲の国造りをした素盞嗚尊が根の国(黄泉国)より、「吾が神魂はこの柏葉の止まる所に住まん」と柏の葉を投げて占ったところ、柏葉は風に舞いこの神社背後の「隠ヶ丘」に止まったということです。」

黄泉国とは、あの世を意味するとも聞きますが… 「よみ」から夜とも… 「あの世」から見えない世界とも……。

エジプト神話に登場する女神 ハトホルは こんな事を言ってます。

「私は以前 西の女王として知られていた。 私の義務は死者の魂を死後の世界へ導く事だった 私は愛の女神、死者が死んでいても話す事ができる。」と

日本の神話の中に、イザナギと黄泉の国へ行ってしまったイザナミとの間を とりもった 菊理姫がいますが…… どうなんでしょう?と今フト思います。

日本の夜を守る神社は、見えない世界も守る神社なのでしょうか???

この辺りは海底遺跡も見つかっていて 目の前の御神体の島が古代の遺跡のようにも思えます。

今回の出雲の旅は、日本の古代エジプト開き⁇とフト思います。

この夕陽が沈んで 次の日の朝は地球新年 春分の日

沢山のディーヴァがこの日本にいらっしゃいます。 争いや策略の歴史ばかりですが… 太古にも歌があったはずだろうと思います。

「 男は女から産まれる。」

夜と朝のあいだに/ピーター - YouTube

今回もたまたまが重なり素晴らしい旅になった。こういうたまたまをシンクロニシティと呼ぶ。

ありがたや〜!拝(シンクロが起こった時のおまじないだそうです。)

点と点④ 春分のむすび 出雲

今年の春分の日、出雲地方を初めて訪れてきました。

春分の日について、いろいろ教わった事をあれこれまとめてみました。

春分秋分は銀河の中心と繋がる日と言われ、昼と夜が同じ長さになるだけでなく…

昼=陽・現象界(見えるもの)

夜=陰・潜象界(見えないもの)

昼と夜、陰陽のエネルギー、目に見える世界と目に見えない世界のバランスを釣り合いが等しくなる日でもあるそうで、 「まつり」と言う言葉も、間と間を釣り合わせる、目に見える世界と見えない世界を釣り合わせると言う意味もあると。。。

そんな春分の日は、黄経0度と言われ 一年の始まりの日とも言われています。 (黄経についてはこちらこちら )

地軸が傾いているために産まれた 地球から見た太陽が通る道と太陽のわまりを一周する地球の軌道が交わる点が、春分秋分の日だそうです。

そして、太陽は秒速217キロ(時速781,200キロ)のスピードで銀河系を公転していおり、 太陽系の惑星たちは螺旋を描きながら、太陽と同じスピードで移動しているといわれていて、この動画はそれをわかりやすく描かれています。 ↓↓↓

The helical model - our solar system is a vortex - YouTube

地上では 同じ季節の繰り返しのようでも 宇宙の中では ものすごいスピードで動いているんですね。一瞬たりとも同じ場所は存在しないことになります。宇宙の中では。。。

どうして 銀河の中心とつながる日なのか わかりませんが、昨日の春分点19時28分56秒あたりは、中国道のサービスエリアでいろんなカエルの大合唱を聞いていました。。。

どうして今回 2017年の春分は出雲地方だったのだろうか。。毎回 訪れた後にいろんな意味がわかってきますから… 今回も色々とアウトプットしていこうと思います。

2000年続いた 魚座の時代から みずがめ座の時代がスタートしたと言われていますが… どうなるんでしょう?今のところチンプンカンプンです。。。

二足歩行する鳥と人間

今日、仕事のお昼休みを和歌山県日高郡にある公園で過ごしていたら。

そこの公園の芝生に一羽の小鳥がいました。

鳥に詳しくないので種類はわかりませんが…

ピョンピョン飛ぶわけでもなく チョロチョロと歩いては

背筋をピンと伸ばし辺りを見回していました。

その姿を見ていて あることに気がつきました。

その姿を横から見ると、漢字の「人」と言う文字に見えたんです。

(それに近い小鳥の姿の写真をネットから拝借しました。写真撮っとけばよかった。。)

そして調べて見たら、この地球で二足歩行するのは

人間と鳥が大半のようです。

「二足歩行」が可能なのは、以下の二つの生物群だけです。

・哺乳綱サル目真猿亜目狭鼻下目ヒト上科ヒト科ヒト亜科に属する生物群

・恐竜様類に区分される爬虫類とそこから派生した生物群である鳥類

人と鳥類。。。。

鳥は恐竜なんですね…初めて知りました。

そういえば今朝のラジオで加藤登紀子さんの「この空を飛べたら」が

かかっていて、パーソナリティが曲の後に

鳥は恐竜と言ってたのはこの事だったんですね。

加藤登紀子さんは歌の中でこう歌っているんです。

「 ああ、人々は昔々 鳥だったのかもしれないね こんなにも こんなにも 空が恋しい。。。🎶」

「この空を飛べたら」加藤登紀子 - YouTube

人は昔々鳥だったかも知れない。。。

古代のシュメールの女神イナンナ神

エジプトのホルス

今日見た 背筋をピンと伸ばした小鳥はまさしくこの格好でした。笑

日本の天狗

最近よく 目の前を鳥が歩いている姿を目にします。

鳥といえば飛ぶものだとばかり思っていますが。

先日も車の前を猛スピードで走って横切ってましたし。。。

おもしろいですよね(^^)

二足歩行するのは、およそ鳥と人間だけのようです。

ちなみに宇宙考古学的にはこれも外せませんね

ポニョ

こういった偶然のかさなりをシンクロニシティと呼ぶ。

カルメン・マキさんの新曲と地球の女神

カルメン・マキ「デラシネ」 7inchアナログ盤---short film--- - YouTube

カルメン・マキ official web

カルメン・マキさんの新曲が3月22日に一般発売されるそうです。 7inch アナログレコードでも発売されるということで レコード好きにはとても嬉しい知らせです。

たまたま運良く先に視聴させていただく機会がありました。 ぼくなんかが言うのはおこがましいですが、物凄く感動しました。 全てのセレクター&DJさん方マストです(^^)

話は変わりますが、地球には沢山の女神さんがいます。

調度、視聴させていただいている時期に

アナヒータという女神さんがいるのを知りました。 地球全ての水の神とも言われ、浄化・純粋の役目を持つと。。。

カルメン・マキさんのNEWシングルA面には地球という言葉が

そして、B面にはという言葉があり。

アナヒータという地球の全ての水の女神を知ったすぐ後に

カルメン・マキさんの曲の世界観がクロスオーバーして

地球に住む我々人類っていったいなんなんだろうかと。。。

地球は、母なる地球とも言われ

地母神とも言われ。。。

日本は、この地球において 物凄く重要な位置にあると

誰もがそう信じている。。。

日本にいる全ての女性が地球意識に目覚めたら

いったいどんな世界になるんだろうか。。。

きっと地球は全面バックアップでしょうね!

女性性開花と最近よく耳にしますが…

その女性性開花のバックアップの神事を

熊野でされている仙人がいるという話を聞きました。

この物凄く複雑化した三次元でどう女性性が開花して行くか。。。

そのためにも ディーバが歌う歌の力

音霊のチカラは とても偉大だと

そう感じます。

「男は女から産まれる。」

ぼくは、まだまだ精進あるのみです。

koji kuarter 拝

レゲエ ミュージック

今から26年前くらい。。。

確か18才 だったか。。。

友達らに夜な夜な連れられて

大阪のレゲエクラブ へ

そのクラブに入って デカイスピーカーから流れてくる

初めて聴く音楽"レゲエ"になんだこれは??状態で

皆が帰るというまで スピーカーの前に

ずっと立ってた。その他の記憶はない…です。

そこから14,5年間は、レゲエしか聞かなかった。。。

音楽全般好きだったけど、とにかくレゲエだった。

レゲエ好きな人は必ずこんなパターンで レゲエバカになってます。

それはレゲエのリズムが自然のリズムと一体化しているからで…

写真掲載元

● 数霊からレゲエを見てみるとおもしろいです。

レ =44 ゲ =54 エ =4

全部足すと 102になり 天地のリズムに心を沿わせる とあります。

写真掲載元

最近は言うのかよくわからないけど

昔はよく レゲエの土臭さがいいって みんな言ってました。

● 日本人特有の自然とともに生きる文化 古神道の教えからみても

「 天地と書いて アメツチ」という言葉があります。

アは、生命の発生の源

メは、生命の発生する様( 目が開けたとか、木の芽が出たとか。。)

ツは、丸いという意味

チは、モノを養育する力があるもの( 人間を養い育てる体の中の血や植物を育てる大地の地)

ツチとなって 丸い地球を意味するそうです。

地球と呼ぶ前は日本では地球のことをツチと言っていたそうです。

レゲエの土臭さ、天と地のリズムに心を沿わせるというのも腑に落ちます。

レゲエのスッチャカ♪スッチャカ♪というギターのカッティングの音を

キチンと出すのはかなり難しいとベテランのミュージシャンの方が言っておられました。

単調に聞こえるとは思いますが… 裏では物凄い早いカウントをとっているようです。

写真掲載元

レゲエ、レゲエとばかり言っていますが。。。

最近は他の音楽を聴く時間の方が長いですが。。。

レゲエと一口に言っても 細かく分けると13種類以上にわかれます。

その中でも ルーツレゲエが レゲエの基本軸で 土臭さ 地球のリズム で、スッチャカ スッチャカと刻む音は ハートビートとも言われています。

そろそろ 70年代半ばから80年代前半にかけての 世界的なルーツレゲエムーブメントが 再びきても おかしくない時期なのに……

それがこない……

このまま来なければ… 非常に…よくなさそうだ…

土臭さの 土は ほとんどアスファルトに覆われ

天地のリズムに合わせる身体は

遺伝子操作された食べ物や 自然の食べ物ではないモノから作られた食べ物 それに自然分解されない複合化合物の以上な増加…

それらが人を自然から地球からどんどん引き離している。

それと最近のレゲエは、ほとんどがデジタルミュージック パソコンでデジタル化されたカウント、そのカウントにぴったり合わせて作っても それはデジタルな音にしかならない いくら感性で作っても デジタルな音にしかならない。ベターッと貼り付けたような音になる。頭の中に響いても 内なる心や身体には響かない。その音楽を自然の中で聞いたら 違和感だらけに感じる。

ただ ひたすら閉ざされてしまった感性を 再び 自分の力で取り戻すことを意識して この2年間過ごしています。

太古の人々は、第六感7感が正常に働いていたから 地球や宇宙(夜空)を見て 内なる声(内なる宇宙)から 目に見えない情報を理解できた。

それは脳みそで理解するよりも 桁外れに早いということに気づきました。

『早かった』と過去系ではなく 『早い』という現在系。

時間というロジックと現在の自分達が便利と感じているテクノロジー は、自分達に大きな錯覚を与えているように思います。

自分達は、過去の人々よりも 全く進化していないことに気づくと、どうなるんだろうかと?

ぼくは、落ち込むよりも、むしろラッキーだと思う。

過去の人々と同じように 自分達は感じることが、まだ全然できるよっていう、ただ そう簡単な話だと思っています。

一番のヒントは、過去には文字(思考).がこれほどまでに 自分達を縛ることはなかった。

ほとんど、音(言葉)と感性だけで理解していた。

頭で理解するのではなく、感性で全て理解していた。

頭のいい悪いではなく、無邪気な子供のように感じようとするか、そうしないか、だと思います。

感じるようになるということは、超能力のような不思議な力を得ることではなく ただ 自分達が忘れてしまっている感覚を取り戻すだけだと思っています。本来 ある程度備わっている 人間の生(ナマ)の感性を…。

それをぼくは適当に フリーアクセス と読んでいます。

禅の瞑想のことをもっと理解すると新たなことがわかりそうですね、そんな気がします。

話が脱線してしまいましたが

地球意識を考える中で、音楽はもっとも外せない要因の一つですよね。ぼくはたまたまレゲエなだけで、地球意識から産まれる音楽は無限だと思っています。

Bob Marley & the Wailers Live Exeter 1976 Rat Race HQ Sound - YouTube

点と点 ③ 沈黙

ダルマ大師の着ている赤い服から チベットのラマ…

そこから 南米経由でメキシコのレヒーナの話にとび…

レヒーナと沈黙の行進 を知る。。。

ティオティワカン太陽と月のピラミッド

沈黙といえば…最近見た映画 「沈黙・サイレンス」 主人公のパドレは最後 沈黙の中に声を聞く

それぞれに異なった 沈黙の世界…

ダルマ大師のの世界も沈黙の中に…

禅といえば …スティーブジョブス

“他人の意見に自分の内なる声をかき消されるな。
一番大事なことは、自分の心と直感に従う勇気を持つことだ。
それら(内なる声・心・直感)は、
君たちが本当になりたいものをすでに知っているんだ。
だから、他のことはすべて二の次でいい。” by スティーブ・ジョブス

沈黙の中にある内なる声……

レゲエの神様ボブマーリーも内なる声について語っている。

『 人の心の中には、自分自身に語りかけてくる 内なる声が宿っている。 人は、その内なる声に耳を傾けねばならない。   そして、その内なる声というものは、誰にでも聴く事ができる。 わかるかい?』 by ボブ・マーリー

 

この記事を書いている今日、六甲の石宝殿にきた。参拝している最中に アマゾンから注文していたDVDの発送連絡のメールが届く。

ここ 六甲の石宝殿は 神様の通りみちとも言われている。。。

 

311のあの日……そして音楽

f:id:keith5445:20170310225545j:image

f:id:keith5445:20170310131210j:image

2011年3月11日 午後2時46分

 

ぼくは 仕事で和歌山県日高郡中津村から

 

山を抜けて 和歌山県海南市へ車を走らせていました。

 

運転しながら ぼんやり山の景色を見ていると

 

東の山々の尾根の向こうから

 

『 わっーーーーーー!』という歓声にも似た

 

なんだか騒がしい祭りのような気配というか

 

気というか…… 明らかに何かが起こっているのを感じました。

 

それから 山を抜けて とある家電量販店に着き

 

店の壁一面にディスプレイされている

 

たくさんのテレビの画面を見て驚きました。

 

さっきの祭りのような気配はこれだったんだ。

 

一種のテレパシーーのようなものでしょうか

 

あの衝撃波のようなものは、どこまで響いて行ったのか………

 

あの311から目覚めたという人々がたくさんいると聞きます。

 

おそらくあの衝撃波が身体を突き抜けて行ったんだとぼくは思います。

 

気づく気づかない関係なくみんなの身体を突き抜けて行ったと。。。

  

目に見えている世界にも 目に見えない世界にも我々は住んでいます。

 

そう考えると、この地球上でたくさん 争いや惨事が起こっている現在。

 

その悲しみや怒りの衝撃波が自分達にも影響していないとも言えない。

 

それならば 逆に 暖かい癒す波動を発生させることもできるのかもしれない。

 

あの時、沢山の方々が東北を助けるために走って行きました!

あの時にみなさんは、なりふり構わず動かれました。心が動いた。

 

物資を送ったり、とにかく冷静に保とうとしたり

 

あの時の我々 日本人の姿を見て海外の人々は驚いたとニュースにありましたね。

 

我々日本人は、そのDNA(心)を持っている。


『人類の最終兵器 それはあんたの心やで!』

亡くなられる直前にこの言葉を残した方がいることを最近 知りました。

 

その方は、故 桑名正博さんです。

f:id:keith5445:20170310225541j:image

 

桑名正博さんは メルトダウンするかもという時に twitterで懸命に

 

@masayan987: 祈りましょう!我々のそして日本の未来のために大人で有りましょう!そして、未来を残す為の努力をしましょう!逃げるのは罪では有りませ ん。逃げないのが罪です!崇高な判断を早急にお願いします!と

 

うったえていた…。

 

 

今、福島原発は………

 

アメリカは、すぐに原発を停止し シェールガス発電に切り替え……

 

それよりも。。。。。。。

 

早くフリーエネルギー社会にならないのかと思う……。

 

フリーエネルギー社会ってどんな社会だろうか

 

そして、どうしてフリーエネルギー社会がもたらされないのかとフト考える。

 

フリーエネルギー社会の原点は

311のあの時のように

自らの心と身体を使って助け合う

自分のためでもなく 誰のためでもなく

ただ我はそういう存在であるという一人一人の心から

もたらせる社会なんじゃないか!もしかしたら…

 

それがフリーエネルギー社会の法なんじゃないか。。。

 

それが ダルマ大師のダルマという意味なのかもしれない。

(ダルマはサンスクリット語で法といいます。)

 

だるま様と言えば、ユーモラスな張り子の置物などで広く親しまれていますが、私どもに「七転び八起き」の言葉通り、くじけず辛抱すれば必ず報われるという、不撓不屈の精神を授けて下さる尊いお祖師様とあります。

 

これからのフリーエネルギー社会を本気で臨むなら

 

「 人類の最終兵器 それはあんたの心やで!」が鍵となるんじゃないでしょうか

 

その鍵は 我々 一人一人が持っている。

 

そして、見えない世界をどう意識するかも、鍵なんじゃないかと思います。

 

目に見えない世界にも我々は住んでいます。

 

それを簡単に意識しやすくするには まず目をつぶることも一つです。

 

座禅の瞑想の時に目をつぶりますよね

 

この間 会った ダルマ大師は、 禅の教の祖神。

 

座禅や瞑想も これからの時代の鍵になって行く、そう思います。

 

そしてもう一つ、目に見えない世界が一番わかりやすいのが音楽!

 

 

目に見えないけど、自分の好きな音楽に包まれていると気持ちいいです。

 

逆に不快な音だといてもたってもいられなくなる。

 

耳に聞こえるだけが音ではなく 耳に聞こえない音もありますが

 

自分達が住んでいる目に見えない世界をより良いものに変えるには

 

音楽が一番 手っ取り早いトゥールなのは今も昔も変わらない。

 

『人類最終兵器の1人1人の心』をあの311の時にきづかされた フリーエネルギーの原点とも言える 心と身体を使って 奏で ともにこの地球の上でダンスをしたら 世界はどう変わるんだろう?

 

311からもう6年 あなたの地球に対する意識は あれからどう変わりましたか?と

 

ぼくは今 自分に問いかけている。

 

桑名正博さんの The Triple X時代の楽曲 

 地球が泣いている - YouTube

 

f:id:keith5445:20170311004452p:image