レコードとレコードのあいだから……

いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。シンクロニシティな出来事が次々と起こっていくワクワクな珍道中。すべてノンフィクションです。

インターネットの時代の終わり

インターネットってアナログだなぁ〜って

今日は車運転しながらフト思いました。

パソコン、携帯という機械がないと成立しないんですよ。

そんなものがなくても成立している自然や

この今にある人工以外の植物や微生物や自然界のモノの方が

はるかに最先端だなーって

パソコンや携帯がないと成り立たないネットの世界って

なんかダサいな。。。。って

かっこ悪いなって。。。。

機械がないとダメ。。。。

何それ????????

機械がないと成立しないものが最先端?

人間が作り上げた仮想の世界

すごく機械的。。。。

なんかおかしいなと思います。

確かに便利で楽しいモノが盛りだくさんで

どこまでも果てしなくありますが。。。

なんだか違和感を覚えた今日この頃です。

すぐそこの奇跡とシンクロニシティ

10年近くまえにすぐにやめてしまったけどブログを書いていた。

そのブログの説明にはこう書いていた。

「いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。」

いつもの角を曲がって 同じ景色なのに全く違う世界に感じる。

意識を変えるだけで こんなにも変わるのか!という意味で付けてました。

(この記事を書こうと思い、また付けました。)

あれから約10年がたった今、そのことを歌っている名曲に出会いました。

その曲は、桑名晴子さんの「すぐそこの奇跡』 桑名晴子 w / 高木太郎 すぐそこの奇跡 - YouTube

桑名晴子さんと出会ってから弦の響きの世界の凄さに

また意識が大きく変わった

そう物事は一瞬で変わる。

すぐそこの奇跡の歌詞を聞いて

また更に理解が深まりました!

ありがとうございます拝🙏

ヒッピームーブメントからの大麻比古神社

先日書いた記事

ミッション報酬はレコードで - レコードとレコードのあいだから…… 

たまたま頂いたレコードをきっかけに

ヒッピームーブメントに遭遇し

時代は1960〜1970後半…

その頂いたレコードから…

てくてくとこちらのサイトにたどり着き

ヒッピームーヴメント史 IN ヤポネシア

前から気になっていた

八ヶ岳88命の会の主催者が

このブログの筆者の

ポンさんという方だと知り

今 繋がって行っている方々にも繋がり

まさに『レコードとレコードの間から』

と言う 何気につけた

このブログのタイトルが

なんだか 意味ある流れのまんまなんだなと

シンクロニシティは奥が深い…

ヒッピームーブメント史のブログで

取り上げられていた日本で大麻取締法

執行された時代の話がとても印象深く

アメリカでも大麻取締法が出来てから

LSDが氾濫し

ヒッピー=ドラッグな図式になったのも

ヒッピームーブメントが潰された事だった。

それだけではなく 自然と共に

自然を破壊せずに進化していける

人間の文明社会への道しるべが

たくさん書かれてありました。

そして、昨日たまたま訪れた

大麻比古神社狛犬にあった彫刻

f:id:keith5445:20170710090013j:image

雲か煙のようなのを吐き出している。

先日の『報酬はレコードで』の続きを直ぐに書かなかったのも 昨日大麻比古神社に訪れたあとにこの記事を書く流れになっていて…

たまたま頂いたレコードの中にあったヒッピームーブメント時代のレコードからの この流れが、このブログのタイトルにもなっている。

あれこれ考えなくても どんどん繋がっていくシンクロ二シティは奥が深いです。

 

 

 

 

高野山は世界の中心地

なんだか最近高野山高野山ときています。。。

そいでなくても普通に有名ですが。。。

書き出したらいろいろ飛び込んでくるので

連続しますが.すいません…

高野山も3年程前にアメリカン青年のモーガン・メイソン君と

九度山町から奥の院空海さんとこまで登りました。

へこたれて最後は足が動かなくなりました。。。

が❗️次の日からはバンバン身体が動きました。

山って不思議ですね!

その登山道で撮った写真です。

日の光が水面に映って蛇の頭のようで

その周りを紫色の光が見えます。

先日久しぶりにYOUTUBEで気になる動画をみてました。

半ばあくびをしながらボーっと…

見ながら…どうしてこれを見ているんだろうか…と

疑問を感じながら…だんだんと司会者の声にイライラしつつも

なぜか…やめないで…見ていました…

会話の中で日本はレムリア大陸?ムー大陸?の

一部であり…世界の文明の発祥地…とかいろいろ

なんで今更?と… また司会者の声質にイライラ……

そんな折、高野山はその中でも重要な場所だったと。。。

ふーーーんってな感じなんですけど…

でもそうかもしれないと思うような話があって…

高野山の南西に清水町ってあるのですが…

清水町にある言い伝えに

昔はこの辺りまで海だったという話があります。

あの辺りまで海だった…清水町は紀伊半島のほぼ中央です…

よく海から渡ってきて俗に今の海岸線沿いに人々が増えていったとありますが…

ぼくは何故だかその説には疑問を感じていましたが…

その言い伝えを見つけてその疑問も晴れました。

あの辺りまで海だったと…大洪水の時代でしょうか?

もしそうならノアの箱舟

グラハムハンコックさんの本「神々の指紋」には

ノアの箱船以外にも生き残った話が世界中にあるそうで

清水町史に残るこの辺りまで海だった言い伝えもかなり興味深いです。

その他にも、清水町にあるお寺があって

境内にある岩から海水がでていたそうです。

そのお寺もかなり標高の高い場所にあります。。。

南米の言い伝えに、海からやってきたピラコチャは

不思議な道具で…

岩から水を出すこともできたとあるそうで……

ともかく、清水町の辺りまで海だったと言い伝えが残っているのは

当然それを知っていた人がいたと…

清水町と言えば、秋篠宮家の紀子さんのご先祖の地でもあり…

空海さんは天皇の妃となる皇后の御霊を守るために高野山を建てたとも…

あの世ダイバーの木内さん云く、高野山は輪廻転成のシステムを

正常化?するために建てられたとも…

エジプト壁画に人間に魂を吹き込んでいるところの図があります…

当然のように自分達に魂がありますが…不思議ですね…

般若心境は、世界の王が現れるために世を浄化するマントラと…

そんなこんなを考えるとですね…

高野山は非常に自分達の想像をはるかに超えた場所なんですね。

歯切れの悪い終わり方ですが…

最後までお読みいただきありがとうございました。

今日は夏越祓というそうで

一年も半分過ぎました。

和歌山県海南市の藤白神社に行ってきました。

クスの木が今までになく綺麗に映りました。

北朝鮮に住む人々の暮らしが少しでもよくなりますように拝!

パラレルワールド 北朝鮮

同じ世界がいくつも存在するという

 

パラレルワールド

 

もうとっくに第3次世界大戦が始まっている

 

世界もあれば、高度な文明社会になっている

 

世界もあるとか…例えばの話ですが…

 

しかし、洒落にならない話だなと思うのわ

 

どの世界も北朝鮮から第3次世界大戦が始まると言われていること…

 

例えば 8つのパラレルワールドがあるなら

 

8通りの世界があるんですよね⁇

 

なのに…全てのパラレルワールド北朝鮮から始まるって…

 

あの国が世界を動かしている⁇

 

どのパラレルワールドでも北朝鮮に対する想念は同じにコントロールされている⁇

 

8つもあるのに…もっとあるかもしれないけど…

 

全てのパラレルワールド北朝鮮から始まるって…

 

なんかあのイライラする髪型の人や周りの人たちのいろいろは人まずおいときましょう。

 

自分達の国の政治家の話も置いときましょう。

 

自分達の北朝鮮に対する想念を変えましょう。

 

北朝鮮に住む人たちが今よりも少しでも良い環境に住めるよう想像しましょう。

 

服を着れるようになったり 靴を履けるようになったり 食べたいモノが食べれるようになったり、誕生日プレゼントをあげれるようになったり…

 

この世をコントロールしているトップと自分達末端の人間との話

 

途中にいる中間にいる政治家やいろいろは無視して

 

トップと自分達末端の話

 

目をむけるべきは あの髪型でも本当の歴史でもなく

 

北朝鮮に住む人たちが今より良くなること

 

そこに想念をシフトしていきましょう。

 

自分達が目をむけて そういう想念を持てば流れは変わる。

 

北朝鮮、韓国、日本は三位一体

 

大それたことをしなくとも

 

歯向かうような態度をとらなくとも

 

思いを目を向けるだけで流れは変わる。

 

それが日本人の本当の力なんではないでしょうか

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

f:id:keith5445:20170629114618j:image

 

 

3つの生石神社

なーーんか気になったので書きます。

今日、和歌山県北部で地震があったそうですね…

それでかな…

何年か前に運動がてらに山登りを始めようとして

最初に登った山が 和歌山県にある生石山(おいしやま)でした。

最初に登る山としてはけっこうハードでした。。。

この登山道は…ひたすら坂道…

何度も心が折れて折れて…あきらめかけていたら

山頂まであと200mの看板をみつけ…

頑張って一歩一歩登っていると…

また看板が‼️

しかも…また…山頂まであと200m…

ガックリきましたが…逆に開きなおれて

そこから一気に山頂まで登れました。

空海さんの伝説も残るこのお山には生石神社があります。

大きな磐座が御神体で、一晩で急に現れたと言われています。。。

生石神社と言えば、兵庫県にある生石神社(おうしこ神社)の方が有名です。

こちらは完全に人工のすごい岩があり、物部氏が作ったと言われています。

石の宝殿とも鎮の岩屋とも言われ…鎮(しず)のいわや……

出雲の時にもありましたね…米子市にあった粟島神社に…

この兵庫県の生石神社のすぐ近くに高御位山があり……

モーゼも関係するとかしないとか…

この高御位山の麓には熊野修験の事務所があります。

なんででしょうね?

クマノ……イクナートン…モーゼ……⁇

もう1つの生石神社は、山形県にあるそうで……

そこもオオアナムチ、スクナヒコナの二神が祀られているそうです。

気になりますね!

少しブログの更新に時間が空いていましたのは…

このブログを書き始めた頃

とあるお山に登ってちょっと死にかけました…ははは…

そこから少しお休みしてました。

山に入る時は、少しでもご飯を持っていきましょう!

お腹減った感覚なくてもゼロになると倒れます。。。

それは、普通のお腹減って動けないとかではなく

完全に倒れます。何回も倒れながら無事に下山できましたが…

あれは、強烈でした。。。

山をなめてはいけないと叱られそうですが

決してなめていたわけではなく…

次なるステップへの歓迎と思っています。

お読みいただきありがどうございます。

インターネットがなくなれば

インターネットがなくなれば…

 

想像してみると

 

地元の生産者がいかに大切かがわかる

 

古来からの知恵 教えが

 

いかに大切かがわかる

 

インターネットに依存している

 

人々の足りない足りない病

 

あれがないこれがない病が

 

一気に身の回りに向かう

 

どれだけ人々の想念がインターネットに

 

集中し過ぎている

 

吸い寄せられているのだろうか

 

全ての五感が奪われている

 

特に目と耳

 

テレビの次は脱インターネット

 

必要な情報は

 

引き寄せの法則

 

手に入る。

 

f:id:keith5445:20170627104545j:image