レコードとレコードのあいだから……

いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。シンクロニシティな出来事が次々と起こっていくワクワクな珍道中。すべてノンフィクションです。

アテンションプリーズでアセンション妨害

2265(2)Aliens Homeland, Europa, Jupiterエイリアンの故郷星・木星・エウロパbyはやし浩司Hiroshi Hayashi, Japan - YouTube

久しぶりにハヤシひろしさんの動画から

2010年宇宙の旅のアーサークラークさんは

うえ↑の写真のように書き記していたと。。。

エウロパといえば木星の衛星。。。

そもそもまたなんで久しぶりにハヤシひろしさんの動画を

見たかというと。。。

新作エイリアンの予告を見て

いつも以上に嫌悪感を感じたからで。。。

疲れていると言えばそれまでですが。。。

新作エイリアンの話は、新しい惑星に行くんですね…

地球に似た…そっくりの

そこでエライコッチャになるいつものパターン…

なんだか冒頭の写真のセリフとリンクしますね…

そういえば先日見たイルミナ亭で

聖徳太子が書いた先代旧事本紀には

我々大和民族直系は

木星から来たと書かれてあるそうで

神武天皇の姿は

ゴジラガメラか見たいなレプティリアン

ような姿だったと書かれてあるそうで…

有名な話ですが…

なーんか意図された繋がり方…

① 先々月くらいに youtubeでイルミナ亭の後藤隆さんの話で

先代旧事本紀には大和民族直系は木星からきた。と知る…

② 何故か昨日新作エイリアンの予告が気になり観る。地球にそっくりな新しい惑星に行く話だと知る。

③ そして同じく昨日 久しぶりにyoutubeでハヤシひろしさんの動画を観て

アーサークラークは、著書で木星にある衛星エウロパには

人類は足を踏み入れてはいけないと…。書いてあったことを知る…

聖徳太子がまとめた先代旧事本紀に書かれてあった 大和民族直系の先祖は木星からきた話を 肯定するようなアーサークラークの言葉にさらに追い討ちをかけるような新作エイリアン。

なんかね

宇宙へ意識を向けるのを妨げるようなね…

アテンションプリーズ

アセンション妨害みたいなね…

気をつけようっと

この記事になったのも 不安や恐怖などのネガティヴなのに触れたからだろうけど、それも全部含めてアセンションなんだろうなと思う。

秘密喫茶 居皆亭(いるみなてい)Vol.8 出演:後藤隆 三上丈晴 1/6 - YouTube

すぐそこの奇跡とシンクロニシティ

10年近くまえにすぐにやめてしまったけどブログを書いていた。

そのブログの説明にはこう書いていた。

「いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。」

いつもの角を曲がって 同じ景色なのに全く違う世界に感じる。

意識を変えるだけで こんなにも変わるのか!という意味で付けてました。

(この記事を書こうと思い、また付けました。)

あれから約10年がたった今、そのことを歌っている名曲に出会いました。

その曲は、桑名晴子さんの「すぐそこの奇跡』 桑名晴子 w / 高木太郎 すぐそこの奇跡 - YouTube

桑名晴子さんと出会ってから弦の響きの世界の凄さに

また意識が大きく変わった

そう物事は一瞬で変わる。

すぐそこの奇跡の歌詞を聞いて

また更に理解が深まりました!

ありがとうございます拝🙏

伊勢のヨキ神社

前回のブログで長谷寺の事を書こうと

 

興喜神社(ヨキ)神社の

 

興喜という漢字を忘れたので

 

調べていて

 

ヨキ神社と打ったら

 

伊勢の世木神社が出てきました…しかし、読み方は セギというそうで…がしかし…

 

世木神社 (せぎじんじゃ): 世木神社について

 

びっくり‼️

 

御祭神が‼️

 

天牟羅雲命(あめのむらくものみこと)
天牟羅雲命は天水の政事を担当される水神様で、大変な力を持っております。伊勢神宮においても、上御井神社、下御井神社にこの神様が神水の守護神として祀られています。

 

瀬織津姫

 

かも知れない‼️

 

しかも‼️長谷寺の記事を書き出したら通り雨がざっーと降り出したし…

 

きてますのかね…

 

 

長谷寺での不思議体験

今から7、8年前に長谷寺と興喜神社を訪れました。

 

奈良県長谷寺

奈良大和路の花の御寺 総本山 長谷寺

 

f:id:keith5445:20170714110715j:image

 f:id:keith5445:20170714110945j:image

奈良県長谷寺のすぐ近くに與喜天満神社があます。興喜と書いてヨキと読むそうです。

f:id:keith5445:20170714113101j:image

 

與喜天満神社

長谷寺からすぐのところで、ご神体の山自体が原生林で 神秘的な場所でした。山の中腹に社があり。この山自体が何か特別な感じがします。

 

当時、長谷寺に行く前に、この興喜神社を訪れました。すると境内の立て看板に

 

『この地は初めてアマテラスが降りた場所』

 

と書かれてありました。

 

それを見て、当時 瀬織津姫の話を知ったばかりの僕は、これは瀬織津姫がアマテラスに書き換えられていて、ここは

 

初めて瀬織津姫が降りた場所だ!

 

とフト思いました…

ただ単に瀬織津姫が書き換えられていると言う話を知った程度の知識だったので…半ば当てずっぽうもいいとこで…

 

がしかし、当てずっぽうとは言えない不思議体験がこの後すぐに起こりました。

 

その当時 長谷寺に行った理由は、 長谷寺の十一面観音は瀬織津姫の封印⁇とかなんとか(よくわかってないですが…)、全国いろいろな場所で、瀬織津姫に関係ある場所に十一面観音が建てられ その最初が長谷寺であると、たまたまネットで見た記事に書いてあったのを見て行ってみたくなり訪れました。今では、その記事を探してもどこにもない… 本当かどうかはわかりません… ただ当時はそんな展開でした。

 

当時は長谷寺の近くに興喜神社があるとは知らずに訪れて見ると ここは最初にアマテラスが降りた場所と…  そして、いや違う これは瀬織津姫がアマテラスに書き換えられていると…

勝手に名探偵きどりで これで長谷寺の十一面観音さんは どんな顔をするんだろうか…と調子に乗って本殿に向かいました。

 

しかし、当時はそれほど真剣に歴史を調べたりはしていなくて、ただただ 神社仏閣を訪れている程度で 自分の推理も自分自身でも信じておらず… だって そんなわけないじゃないですか…

 

がしかし…

 

本殿に入ろうとしたら 『バチッ』とブレーカーの落ちる音がしたんです… 夕方5時前だったので 若いお坊さんらもドタバタしてましたし、てっきり閉館するために電気を切って行ってるのかと思いながら 中に入ると… 電気がついている… おかしいなと思いながら 十一面観音さんの前につき 手を合わせ顔を見ると…

 

f:id:keith5445:20170714122226j:image

 

それは造られたという質感ではなく あきらかに生きているそのままの姿でした… 目が生きている目で… それを見て一歩も動けなくなり… 目をそらして 足元近くを見ると なんだか 黒い仏像のような影が何体も観音さんの周りを囲み…それが…一段ではなく二段あり… 仏像かと思って影を見て見ると…お坊さんの黒いシルエットで… なんだかひそひそ話をしているように見えました。その不思議な光景がしばらく続き…まだ続いている感じでした…その場を離れました…。

 

お堂の中はまるで別世界でした。

 

 

そして、帰り道で 長谷寺あたりの地名の看板を見てびっくり‼️

 

『初瀬』

 

初めて瀬織津姫が…

 

みたいな…

 

それからしばらくして 再度訪れてみると…長谷寺特別御開帳で 普段十一面観音さんは膝から上しか見えていないんですが… その御開帳期間はその膝から下の部屋に入れると言うので 行って見てびっくり… 観音さんの足の周りも何体もの人の絵が囲んでありました……。

 

いったい なんだったんだろうかと今でも不思議です。

 

 

 

セオリツヒメ

都祁山口神社の御祭神は

 

大山祇命大國主命

 

このみことは命と尊とありますけど

 

今までその区別にはあまり気にしていませんでしたが、命と書かれてあるのは肉体も持っていたことの意味で、尊とは宇宙創生に関わりあるような存在を意味しているそうです。先日、初めて知りました。日本って本当に凄い國だね…他の国は知らんけど

 

大山祇命は、セオリツヒメと言う有名な話を聞きますが… ここ都祁山口神社もそうなんですね…

 

田辺市リュウゼンヤマ近くにもセオリツヒメを祀っているところがあります。

 

7、8年前に長谷寺で起こった不思議な体験も実はセオリツヒメ繋がりだった事を思うと…

 

結局 セオリツヒメ繋がりでずっときている面もあるんだなと今フト思います。

 

縄文の女神 セオリツヒメ。

 

私が、セオリツヒメですって言う人が沢山いるけど…それは単に自分の穢れを祓いたいだけの裏返しの気持ちなんだよね。

 

それは、ぼくもしかりで…

奈良の都祁(ツゲ)山口神社、和歌山の闘鶏(ツゲ)神社

奈良県奈良市都祁小山戸町

 

都祁山口神社

 

f:id:keith5445:20170714081753j:image

 

奥宮 おしゃやまさん

f:id:keith5445:20170714090237j:image

前方後円墳の形をしているそうです。

小山戸は、おおやまとと読むそうです。

『ヤマト』

ここから東に名張があり、名張あたりまで琵琶湖だったと言われて…たぶん…

 

都祁は、ツゲと読むんですね、日本語は難しい…

 

神社の案内板には別の漢字『闘鶏』てツゲと書いていました。

 

和歌山県田辺市に闘鶏神社があります。

 

近くにはリュウゼン山があり リュウゼン山の言われには、神島の辺りの海から大己貴命かあらわれたと闘鶏神社に残されていた資料にあるそうです。

 

海からあらわれた大己貴命は、馬車にのり空飛ぶ雲に乗ってリュウゼンヤマに行ったと書かれてあると…  

 

空飛ぶ雲に乗って…と言えば聖徳太子を思い出します。

f:id:keith5445:20170714094053j:image

 

同じ田辺市高山寺がありますが、創建は聖徳太子で…空海さんが後々再建したお寺。南方熊楠さんの墓もあります。

 

前回のブログに書きました…和歌山県清水町まで海だった…高野山一帯はその頃にはすでに重要な場所だった…奈良県都祁辺りも…

 

奈良県都祁辺りは、元河内とも言われているそうで、河内弁の発祥地だそうです。

 

先日山登りして何度も倒れたと書いたその山がリュウゼンヤマと三つ星山です。大変でしたが 、登ったおかげで、そこから自分が7、8年前からあちこち巡ってきた流れから また新たな道が見えたので 結果 リュウゼンヤマはやはり凄い場所でもあり、奈良県都祁山口神社にあるおしゃまさんも同じで 都祁山口神社に行ってから いろいろと繋がった話もあります。

 

7、8年前に奈良県長谷寺で起こったまた不思議な体験も リュウゼンヤマに登った事で大阪城に繋がり、その他いろいろなことに繋がって行ってます。

 

と言うわけで ツゲと言う名のある場所はなんだか凄いな〜っと 思います。

 

 

 

 

ヒッピームーブメントからの大麻比古神社

先日書いた記事

ミッション報酬はレコードで - レコードとレコードのあいだから…… 

たまたま頂いたレコードをきっかけに

ヒッピームーブメントに遭遇し

時代は1960〜1970後半…

その頂いたレコードから…

てくてくとこちらのサイトにたどり着き

ヒッピームーヴメント史 IN ヤポネシア

前から気になっていた

八ヶ岳88命の会の主催者が

このブログの筆者の

ポンさんという方だと知り

今 繋がって行っている方々にも繋がり

まさに『レコードとレコードの間から』

と言う 何気につけた

このブログのタイトルが

なんだか 意味ある流れのまんまなんだなと

シンクロニシティは奥が深い…

ヒッピームーブメント史のブログで

取り上げられていた日本で大麻取締法

執行された時代の話がとても印象深く

アメリカでも大麻取締法が出来てから

LSDが氾濫し

ヒッピー=ドラッグな図式になったのも

ヒッピームーブメントが潰された事だった。

それだけではなく 自然と共に

自然を破壊せずに進化していける

人間の文明社会への道しるべが

たくさん書かれてありました。

そして、昨日たまたま訪れた

大麻比古神社狛犬にあった彫刻

f:id:keith5445:20170710090013j:image

雲か煙のようなのを吐き出している。

先日の『報酬はレコードで』の続きを直ぐに書かなかったのも 昨日大麻比古神社に訪れたあとにこの記事を書く流れになっていて…

たまたま頂いたレコードの中にあったヒッピームーブメント時代のレコードからの この流れが、このブログのタイトルにもなっている。

あれこれ考えなくても どんどん繋がっていくシンクロ二シティは奥が深いです。