読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レコードとレコードのあいだから……

いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。シンクロニシティな出来事が次々と起こっていくワクワクな珍道中。すべてノンフィクションです。

出雲 追記。。。

蚶貝姫(きさがひひめ)と蛤貝姫(うむがひひめ)

先日の出雲大社にて、この2人の姫神が祀られている場所に初めて訪れることができました。他にも、岡山、鳥取、島根にも祀られているそうです。

そもそも、この2人の姫神を知ったのは、この青木繁の絵画『大穴牟遅命』がきっかけでした。

青木繁さんは神話の世界を西洋風に幾つか描いてます。

この絵画の神話ストーリーは…

大穴牟遅神は、八十神たちに真っ赤に焼かれた猪の形の大石を突き落とされ、焼け死んでしまったのですが、御祖命と高天原の神御産巣日之命(かみむすひのみこと)のはからいで、蚶貝姫(きさがひひめ)と蛤貝姫(うむがひひめ)が遣わされ、生き返ることができたのでした。そのとき蛤貝姫は、母の乳汁を大穴牟遅神のからだに塗って蘇生させた。』ということで…

先日の出雲旅で、美保神社から日御碕神社に向かう途中、

なーんか気になる所があったんですね。。。なんかザワザワするような感じの…

あとあと地図で見ると松江城辺りだったのがわかりましたが…

さらに調べてビックリ その気になる場所から北には

蚶貝姫(きさがひひめ)が 祀られている佐太神社

蛤貝姫(うむがひひめが 祀られている法吉神社が

あるのがわかりました。なんかザワザワしたのはこれだったんだ……。

次回の宿題ですね…

そして、後日談で… 次に出雲行ったら隠岐諸島にも渡ってみたいな〜と

思っていたら… たまたま入った喫茶店にこの写真‼️

しかも光が当たっているというね……

しかも、グレッグに会ったすぐ後というね…

たぶん、また シップ(UFO)あらわれるんちゃう……

この島行ったら………

それと他にも…

蚶貝姫(きさがひひめ)は赤貝を表し、祀られている佐太神社では…

出雲国風土記』嶋根郡加賀の神埼の由来について、 佐太の大神がお生まれになった所。 お生まれになろうとする時にあたって、弓矢がなくなった。 その時、御祖神魂の命の御子、枳佐加比売の命が 「わたしの御子が、わたしの信ずるとおり麻須羅神の御子であるならば、なくなった弓矢よ出て来い」と祈った。 その時、角の弓矢が流れてきた。手にお取りになって「これは違う弓矢である」とおっしゃって投げ棄てられた。 次に金の弓矢が流れてきた。目の前に来るまで待ってお取りになり「暗い岩屋であるなあ」とおっしゃって、 岩壁を矢で射通された。

出雲国風土記』嶋根郡加賀郷の由来について、 佐太の大神が、この地で生まれた。御祖先の神魂の命の御子、支佐加比売(きさがひひめ)の命が、 「真っ暗な岩屋であるなあ」とおっしゃって、黄金の弓で射られた時に、光りカカやいた。

とあります。先日の出雲旅で、最初に立ち寄った 粟島神社

そこに 志都(しず)の岩屋という小さい洞窟がありました…

暗い岩屋だったので、何故かその洞窟に

携帯の画面を反射させて太陽の光を入れたんですが…

上記の話は出産に関しての話だとは思いますが…

なんだか微妙にシンクロしてますね……。

蛤貝姫(うむがひひめ)は蛤…

「その手は桑名の焼き蛤」の「蛤」(はまぐり)は、

日前大神を象徴していると言われ

北伊勢の桑名明神もこの神様の別名と言われていると…

日前大神といえば…日前宮。。。。 天懸大神ともいうらしいです。。。 話が長くなるのでまたにします。。。。。

蛤貝姫はうぐいすになって飛んでいくという話があります…

うぐいすになって飛んでいくシリーズ見るなの座敷とか…気になりますね。

なんだか気になりません?…

天女が降りてきたシリーズは、どうやらシップ(UFO)と 関係あるとも言われているんですね…

グレッグと会ったすぐ後に 隠岐諸島の絵!

そして、このブログの始まりの神島! 一見バラバラなこのブログの記事も なんだか繋がっていきそうですね!

今まで気になっていたバラバラな事が

こうしてあちこち訪れると繋がっていくんですよ…

楽しみですね( ´Д`)y━・~~

ラスタと修験道

ラスタマンは旧約聖書を読む。

修験道の元になった日本独自の山岳信仰は、一般的に秦氏が持ち込んだと言われていますが

秦氏といえば、ユダヤ イスラエル 旧約聖書etc。。。

そして修験には、火を焼き尽くすことで取り除く 火による浄化がありますが…


ラスタ アーティスト も「火」ファイヤーについての歌を沢山歌っている。

ファイヤーについて代表的なアーティスト CAPLETON(ケイプルトン)は

火によって焼き尽くすことによる浄化

 

Fire Purification

 

をよく歌にしている。

火については全世界同じだろうとは思いますが……。

 

 

 

 

 

ボブマーリーと役行者

和歌山県を中心に 数年前から大木巡りをしながら、山、川、海、神社、寺、磐座や滝を訪れるようになりました。最初は景色を楽しんでいる程度でしたが、歴史を知り、歴史だけでなく、それまでより深く訪れる場所への意識が変わっていき、現代人が忘れつつある自然との営みにおいて もっとも大事な第六感第七感の感じる力を養おうと、大木や山や磐座や森や川や海や滝を感じる「ただ感じる事だけ」に意識をおいて、空海さんや役行者さんを道標にして「太古=宇宙」を答え(ゴール)に置き 訪れるようになっていきました。

そんな中、ある日、フトあることを思いました。

役行者とボブマーリーは、なんだか似ている。』

この事を話していたら

いろんな方々が同じ事を言っている事を知りました。

(シンクロ。。。)

何が似ているのかは…よくわかってないですが…

修験側からは この観点はないかもしれないけど…

レゲエサイドならでわなのかもしれない。

役行者は、634年に大和国葛城上郡茅原(現在の奈良県御所市茅原)に生まれる。父は、出雲から入り婿した大角、母は白専女(賀茂娘)。

ボブ・マーリーは、1945年にイギリス海軍大尉の白人と母ジャマイカ人との間に白人と黒人のハーフとして産まれる。

2人の共通点を探してみると…

役行者は、仙人道を歩んでいた。

ボブマーリーも将来の夢はアフリカに帰って

ラスタマンの暮らしをすることだと言っていた。

役行者は、まず五穀を断ち山にこもり松の実や皮や薬草いろいろ食し身体をまずリセットし修行に及んだと言われ。。。

ラスタには「アイタル(Ital)」と呼ばれる特有の食文化がある。語源は英語の「vital(生命)」。基本的にベジタリアニズムやヴィーガニズムと似ているところがあり、自然から採れる健康的なものだけを食べようという主義だ。まず加工食品はタブー。それから体内で腐敗するという考え方から、赤肉も食べない。魚は旧約聖書で大丈夫だとされているため食べる人が多い。ただし、人によっては魚すら口にすることを拒み、純菜食主義のような食生活を送る人もいる。詳しくはラスタを理解する上で知っておきたい7つのこと

役行者もボブマーリーも時の政府に対抗し

役行者は伊豆へ流され、ボブマーリーは拳銃で撃たれている。おそらく、役行者も民衆からの影響力はかなりあったのでしょう。

役行者は、修験道の開祖とされ

ボブマーリーは、ラスタミュージック=ルーツレゲエミュージックの神様とも言われ

修験と一緒にするなと怒られそうですが……。

役行者について、数々の呪術的というか神懸かり的な話があり また、医薬の知識をもって民衆を救ったという話があります。

ボブ・マーリーは、ワンラブピースコンサートでライブ中に雷が鳴り 神がかりになった話は有名で、当時、ジャマイカは選挙で与党野党が激しくやり合っていて 多数の死傷者を出していた。その野党与党の代表をステージに上げて握手をさせた。(今でも選挙中は危ない…,)

役行者もボブマーリーもシャーマン!

この記事を書いている時に ネイティヴアメリカンローリングサンダーについて知りました。

ローリング・サンダーとは、アメリカ・インディアンのメディスンマンであり、チェロキー一族およびショショーニー族を代表するスポークスマンとしても広く認められている。彼は、何世代にもわたって伝えられてきた秘密の知恵を守護してきた。病気の癒し方、薬草の扱い方、雨を降らせる方法、悪魔祓い、時空を超えたコミュニケーション―こうしたメディスンマンの力は、「大地の精霊」との特殊な絆から生まれてくるものなのである。 さらに詳しくはこちらローリングサンダー

『 大地の精霊との特殊な絆』特殊な絆とまではいかなくても、大地の精霊との絆や目に見えない世界を意識することを現代人が忘れてしまっている大きな問題なのかもしれない 明治が開けて まだ約140年。。。便利にはなったが。。今、ガスや電気が止まれば 人間はどうなるだろうか? おそらく明治が開ける前よりも酷いような気がします。それなのに近代文明が凄いと言えるんだろうか?

目に見えない世界から自らのフィルターを通してアーティストは音に表す。そうやって産まれたルーツレゲエミュージックが、紀伊半島の山々に溶け込んでいく感覚をぼくが覚えたのも ふに落ちます。

点と点 ⑧ 出雲の数霊

出雲の数霊を調べようとしたら

『いずも』と『いづも』ってどっちなんだろう?と

ふと思い調べてみたら

八雲たつ出雲と言う詠があり、雲いづる国が出雲という。

ならば、いずもではなくいづもでしょう。

この違いは、数霊を見てみるとその意味合いはかなり違います。

いずもだと95 になり、いづもだと100になります。

95は 成長の数霊で、一歩一歩成長していく姿、小さな一歩の積み重ねが明日を豊かにする。 発芽の人ともいわれ、秘伝、役者…etcなキーワードも見れます。

100は、誰からも愛される、熟練された古き魂を持つ数霊。満ち足りたとか完璧な、あるいは完全なると言った意味合いになる。

富士山も100、オオクニヌシも100、鳥取の大山(だいせん)も100、スクナヒコナも100。

いずもだと一歩一歩成長していく姿

いづもだと熟練され満ち足りた完全なる姿

どちらの意味もすばらしいですが、意味が違うのは……。

日本一大きい日の丸と数霊100のいづも

なんだか新たな発見です!ありがたや〜!

ところで、『ず』と『づ』について、ザ行ダ行ですが…… 和歌山県人はザ行が全部ダ行になります。ぜんぜんをでんでん、どうぞうをどうどう。。。その決定的な証拠です。洗剤を…

よって 和歌山では いずもはいづもになるのであります(笑) パチパチパチ♫

今まで、ザ行ダ行でバカにされてきた和歌山県人の皆さん もうすぐです!何が?笑

さて、日ノ御埼神社の 「ひのみさき」を数霊で見てみると。。。

ひのみさきで 和が 108となり。

「聖なる光と俗なるものが融合し、昇華していく数霊です。言行一致で徳を積み、天に愛される人になりましょう。あなたはすでに生ける神の宮なのですから。」とあります。

聖なる光と俗なるものが融合し、昇華していく数霊。。。

よく和霊、荒魂と目にしますが。。。

荒魂は、本能や欲望のような物質面をつかさどる霊魂。 和霊は、知徳や理性のような精神面をつかさどる霊魂。

和霊は、昇天して子孫に幸福をもたらす。 荒魂は、墳墓に留まり生まれ代わって子孫の繁栄となる。

というそうです。

なんだか難しい話ですが。。。

なんとなく輪廻転成のイメージがするような。。。

熊野と出雲も深いんですね。

そのザ行ダ行を同じ発音をする和歌山県にある 出雲の祖神と同じ神様が祀られている神島(カシマ)、その近辺は口熊野と言われています。

そして、出雲の締めくくりが点と点 ⑧になってますね… シンクロだ…

八はや、弥彦の弥、矢でもあり、末広がりに広がり行く数霊。大自然の意に生かされて、一体となって進んで行く様を示している。行く先は弥栄(いやさか)の世界。喜び栄え賑わう弥勒の世。

古神道では、乾杯ではなく 『弥栄(いやさか)ー』というそうです。(^^)

点と点 ⑦ 出雲と神島(和歌山県)の神

うさぎさんの見つめる先に

f:id:keith5445:20170322145027j:image

 

この神様がおられます。

f:id:keith5445:20170322145029j:image

 

天夷鳥命 』あめのひなとりのみこと

 

和歌山県にある神島にも同じ神様が祀らているそうです。

 

ヒナトリは、「鄙照(ひなてる)」の意で、天降って辺鄙な地を平定した神の意という説がある。

 

鳥といえば… 日ノ御埼神社のご神体の島にもたくさんの鳥がいました。

 

鳥と言われてすぐに浮かぶのが

 

f:id:keith5445:20170322152833p:image

 ホルス。。。

 

 古代エジプトでは 輪廻転成は魂の成長のシステム

 

そして、死者の審判は常に残されている

 

生者と死者の崩れない障壁として。。。

 

そして、ホルスは言う

 

「この瞬間から 死後の世界は 黄金ではなく

 

善行、思いやり、そして寛大によって審判される

 

どのように人生を送ったかで…」と。。。

 

これを『法』が変わるというのだろうか

 

だとしたら、ダルマは法を意味する。

 

ダルマ大師の禅のは、スティーブン・ジョブズボブ・マーリーのいう内なる声に耳を傾けることにも繋がる。

 

死者の審判に、この内なる声に耳を傾けることも足されるとしたら どうだろうか?

 

これからは見えない世界を人類がどうとらえるが問われる時代になると言われている。

 

自分の内なる声も見えないモノだ。

 

一般的に言われている「ワクワク』することも純粋に内なる声から来ていると思う。

 

出雲大社 神楽殿裏の社と日ノ御埼神社での話は

 

死者の審判を新しくしたホルスと死者の魂を死後の世界へと導くハトホル、ホルスとハトホルのようにも見える 出雲の旅は地球規模の歴史のロマンのようにも思えます。

 

ハトホルは、太陽神ラーの娘とも言われています。

 

鳥と人間は二本足で歩く。。から

 

いろいろ雑ですが繋げてみました。

 

カエルさん。。。出雲大社でもあらわれました。

 

 f:id:keith5445:20170322200140j:image

 

 

 

 

 

点と点 ⑥ 出雲大社初参り

出雲大社へ初めて訪れてきました。
『畳70畳もある日本一でかい日の丸』
とたまたま横にツアーガイドさんが団体に
説明している言葉が耳に入ってきた。 

f:id:keith5445:20170322123748j:image

 
そこで、ふと思った
皇居ではなくて出雲に日本一の日の丸⁉︎

出雲に来る前に、こんなワードが入ってきた。

(おかしな言い方ですが…)

『今回の出雲初参りは、日本の古代エジプト開き』と…

f:id:keith5445:20170322130755j:image

この画像は今回出雲初参りに行く2、3日前におしえてもらった記事の中にありました!

エジプトの赤い丸と日の丸 

 

 

そして今回シンクロにより

目に飛び込んできた

出雲の 日本一の日の丸!

f:id:keith5445:20170322132359j:image

 

 こちらは祖霊社にあった紋です。

f:id:keith5445:20170322131206j:image

 

エジプトにもこの大という文字がありますが

星をあらわしているそうです。

 

数霊では、5は、「大自然・宇宙の意思を表す数霊で縦の動きを表し、変化をもたらすと同時に中心性を表す。日、霊(ヒ)、陽から生まれた生命の息吹を感受して神意と共に生きる様を表す。」とあり。

数霊では、6は、「物事が生成する産霊(むすび)が整う数霊で横の動きを示し、安定化をもたらす。それぞれのエネルギーがバランスよく配備されて整う。」とあります。

 

5と6のこの紋を数霊で見てみると、なんだかすごいですね。

 

 今回のお題も 点と点 ⑥になりましたが…

6は亀甲紋の六でもありますね…

 

六といえば六芒星

f:id:keith5445:20170322134120j:image

 

見える世界の三角形と

見えない世界の三角形

(あるいは 宇宙の三角形)の統合のマーク

とも言われています。。。

 

日本とエジプトの繋がりも

これからどんどん開かれていくのでしょうか?

 

又、出雲に行く前に友達からある動画が…

出雲から帰るときは パートナーの携帯にパートナーの友達から同じ動画のURLが…

 

その中で気になったのが東西ウバイドの統合。

 

ウバイド。。。

 

最近たまたま見ていた本の中に

 

倭人は本来の発音は ウバイドと読むらしいです。

 

 たまたま(シンクロ)が続いて行く旅〜

 

点と点 ⑤ 夜を守る神社

今回の出雲の旅も シンクロニシティがたくさんあらわれました。

ホームページ日ノ御埼神社

伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守る」と言われています。

1つ前の記事の続きになりますが…

ここを訪れた日はちょうど 春分の日の前日で、夜が長かった季節の最後の日

そして次の春分の日から 昼の時間が長くなっていきます。

春分の日

昼=陽・現象界(見えるもの)

夜=陰・潜象界(見えないもの)

昼と夜、陰陽のエネルギー、目に見える世界と目に見えない世界のバランスを釣り合いが等しくなる日でもあるそうです。

その夜を守る神社に、夜の季節の最後の日にこれた事が

本当にありがたかったです。そして、この神社に着いたのが夕暮れ時で

運良く 御神体である島の鳥居に沈む太陽をも拝む事ができました。

この地方では、夜にこの神社を参拝し、朝一に出雲大社を参拝するのが良いと

言われているそうです。実は先に出雲大社を参拝しようとしたのですが、

あとちょっとで出雲大社という所で 交通事故で通行止めに合い 迂回させられ

微妙に参拝時間が厳しくなり、先に近くの稲佐の浜を訪れてから

日ノ御埼神社を訪れ、出雲大社は次の日の午前中に行く事に変更しました。

しかし、道を迂回させられた事が

結局は、上手く予定が流れる結果となり、バッチリのタイミングで写真も撮れました。

この日ノ御埼神社の由緒によりますと…

「出雲の国造りをした素盞嗚尊が根の国(黄泉国)より、「吾が神魂はこの柏葉の止まる所に住まん」と柏の葉を投げて占ったところ、柏葉は風に舞いこの神社背後の「隠ヶ丘」に止まったということです。」

黄泉国とは、あの世を意味するとも聞きますが… 「よみ」から夜とも… 「あの世」から見えない世界とも……。

エジプト神話に登場する女神 ハトホルは こんな事を言ってます。

「私は以前 西の女王として知られていた。 私の義務は死者の魂を死後の世界へ導く事だった 私は愛の女神、死者が死んでいても話す事ができる。」と

日本の神話の中に、イザナギと黄泉の国へ行ってしまったイザナミとの間を とりもった 菊理姫がいますが…… どうなんでしょう?と今フト思います。

日本の夜を守る神社は、見えない世界も守る神社なのでしょうか???

この辺りは海底遺跡も見つかっていて 目の前の御神体の島が古代の遺跡のようにも思えます。

今回の出雲の旅は、日本の古代エジプト開き⁇とフト思います。

この夕陽が沈んで 次の日の朝は地球新年 春分の日

沢山のディーヴァがこの日本にいらっしゃいます。 争いや策略の歴史ばかりですが… 太古にも歌があったはずだろうと思います。

「 男は女から産まれる。」

夜と朝のあいだに/ピーター - YouTube

今回もたまたまが重なり素晴らしい旅になった。こういうたまたまをシンクロニシティと呼ぶ。

ありがたや〜!拝(シンクロが起こった時のおまじないだそうです。)