レコードとレコードのあいだから……

いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。シンクロニシティな出来事が次々と起こっていくワクワクな珍道中。すべてノンフィクションです。

海域火山と海底火山そして火山

海域火山データベース海上保安庁海洋情報部

日本本土だけでも火山が多いのに

海域火山の数は桁が違いますね…驚きました。

海底火山

こちらはNHKの特集↓↓↓

NHKスペシャル「火山大噴火 迫りくる地球規模の異変」 - YouTube

プレートが下に沈み込んでその時に入る水が岩を溶かしてマグマを作っていると。。

まさに火水(かみ)ですね。

自然災害…これを災害というのもまた違うなとおもう。

そこの人間主観な見方も変え、自然とともに生きていると

改めて教え知らせてくれるのが火山噴火だと思います。

大阪城は磐座の聖地だった

いつも読ませて頂いている神奈備さんのブログより

↓↓↓(青い文字はリンクを貼り付けてありますのでクリックしてください。)

坐摩神社 大阪市中央区

大阪城ができる前は、石山本願寺

石山本願寺の前は四天王寺

四天王寺ができる前は

饒速日命を祀る磐船神社が祀られていたと言う説があるそうで…

下照比売を祀っていた社が、高津へ遷座し、ここで磐船社と呼ばれた事の伝承とも言われる。

(以上ブログより)

磐座だった時代は河内王朝の初期の頃の話だそうです。

河内王朝 - Wikipedia

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を去年書こうと思って…やめてました…が……

昨年末、愛知の友人と一年ぶりに大阪の堀江で会い、ご飯を食べながら近況話の中で…

友人が飛騨に行った話をしていたんですね…

それからしばらくして…富士山に向かう旅の途中で

椿大神社に始めて立ち寄りました。

それから、旅から帰ってすぐに大阪で椿大神社繋がりになり。。。 (シンクロが早い)

晴子さんから教えてもらった本「神武以前」山本建造著を読んでいると…

椿大神社は、飛騨王朝の系統の方々の社とわかり…

河内も飛騨王朝からの流れも組んでいると本には書いてありました。

河内だけではなく、飛騨王朝が大和に移ったとも記載されていました。

椿大神社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話はイカスリ神社に戻りますが…

生駒山脈の高安山

イカスリ神社から見ると夏至の日の出

そしてトノキ神社から見ると冬至の日の出だそうです。

等乃伎神社 大阪府高石市取石二丁目

古代はその山ではなく、その山の向こうの見えない山を拝むと聞いたことがありますが…

その高安山の向こうには何があるのかな…と地図でだいたいで見てみると…

イカスリ神社から高安山の向こうには三輪山

トノキ神社の高安山の向こうは若草山

その流れから…そうすると大阪城から辿ると……なんとなく…

長谷寺やヨキ神社あたりに繋がっているような…気もします。

そうなると以前書いた長谷寺にあの体験はさらになんだったんだろうと…

言う気持ちにもなります。

長谷寺での不思議体験 - レコードとレコードのあいだから……

ヨキ神社あたりも原始信仰の残る場所らしく…

さてはて…結局繋がると言うか…引き寄せているというか

何かとリンクしているというか。。。

いずれまた何かに繋がるのでしょうね。。。

これも何かの鎮魂に繋がるなら流れに任せていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山本建造著の「神武以前」によれば、新羅の襲来を予見していた飛騨王朝が

侵攻してきた新羅を撃退したと、しかし、罪を憎んで人を憎まずというか…

新羅の王子を許したとも書かれてあります。その後日本に残るわけですが…

神奈備さんの記事を読むとツゲというのもトノキというのも古新羅語だそうで…

こちらも繋がりそうですね…なんとなく…

まずは鎮魂

どんな場所にいっても

まずは鎮魂。

鎮魂というと大げさに思われてしまうかもしれないけど

どんな場所でも、たとえショッピングモールに変わっていたり

ライブハウス、クラブに変わっていたとしても

それは幻想のようであり、その地には変わりない

長い歴史の中で この地球上のいたる場所で人が亡くなっている

それは、往生なさってとか、いろいろ死への扉はあるけれど…

その土地その土地で 幾十にも重なっている現実がそこにある。

見えない世界や高次な世界、スピリチュアル、宇宙、etc

様々なことに意識を向けながら今に至りますが

ここ最近…その鎮魂という意識に欠けていたなと…自分で思います。

何処に行ってもまず鎮魂という意識を向けることは

基本中の基本と今、晴子さんと話しながら気づかされた。

それが欠けたスピリチュアルは全く違うモノと…

土地、土地に対しての鎮魂から謙虚な気持ちにもなり

素直な自分でいられる。。。

謙虚さを忘れていると…上ずったところに繋がる。

今年初めにこの事に改めて気づけてよかったなと思う。

いろんな不思議な出来事や、音楽にしてもスピリチュアルにしても

いろんな凄い方々とお会いさせていただいているのも

まず鎮魂という基本中の基本な姿勢がいつもあったからで、

大事なところを改めて知らせてくれたガイダンスに感謝。

2018新年迎えて

f:id:keith5445:20180103215726p:image

 

日本の ドキュメンタリー 2016 : もしも地球の自転が止まったら? - YouTube

 

 あけましておめでとうございます!

とうとう来たか2018年…と

何気に思います。

昨年あたりから どうも地球の自転って…

どうなん…何かあるのかな…と

思ったりしてました。

調べたりしていると

たまに自転が遅くなってるようです…が…

どうも2018年は自転が遅くなるようです。

映像にありますが、自転が遅くなると…

まず遠心力で地球の中央に偏っていた

海水が両極に流れていくらしいんですね…

昨今の温暖化で北極南極いろいろありますが…

万が一とも考えられますね。

だから、もっと地球意識を皆もつと

良くなる方向には向けられるのにな〜

もっとエゴを手放して 解放して

自分自身が地球であるという意識が

これからさらに…ですね。

そんな気がします。

なんとなく…

インターネットの時代の終わり

インターネットってアナログだなぁ〜って

今日は車運転しながらフト思いました。

パソコン、携帯という機械がないと成立しないんですよ。

そんなものがなくても成立している自然や

この今にある人工以外の植物や微生物や自然界のモノの方が

はるかに最先端だなーって

パソコンや携帯がないと成り立たないネットの世界って

なんかダサいな。。。。って

かっこ悪いなって。。。。

機械がないとダメ。。。。

何それ????????

機械がないと成立しないものが最先端?

人間が作り上げた仮想の世界

すごく機械的。。。。

なんかおかしいなと思います。

確かに便利で楽しいモノが盛りだくさんで

どこまでも果てしなくありますが。。。

なんだか違和感を覚えた今日この頃です。

すぐそこの奇跡とシンクロニシティ

10年近くまえにすぐにやめてしまったけどブログを書いていた。

そのブログの説明にはこう書いていた。

「いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。」

いつもの角を曲がって 同じ景色なのに全く違う世界に感じる。

意識を変えるだけで こんなにも変わるのか!という意味で付けてました。

(この記事を書こうと思い、また付けました。)

あれから約10年がたった今、そのことを歌っている名曲に出会いました。

その曲は、桑名晴子さんの「すぐそこの奇跡』 桑名晴子 w / 高木太郎 すぐそこの奇跡 - YouTube

桑名晴子さんと出会ってから弦の響きの世界の凄さに

また意識が大きく変わった

そう物事は一瞬で変わる。

すぐそこの奇跡の歌詞を聞いて

また更に理解が深まりました!

ありがとうございます拝🙏

伊勢のヨキ神社

前回のブログで長谷寺の事を書こうと

 

興喜神社(ヨキ)神社の

 

興喜という漢字を忘れたので

 

調べていて

 

ヨキ神社と打ったら

 

伊勢の世木神社が出てきました…しかし、読み方は セギというそうで…がしかし…

 

世木神社 (せぎじんじゃ): 世木神社について

 

びっくり‼️

 

御祭神が‼️

 

天牟羅雲命(あめのむらくものみこと)
天牟羅雲命は天水の政事を担当される水神様で、大変な力を持っております。伊勢神宮においても、上御井神社、下御井神社にこの神様が神水の守護神として祀られています。

 

瀬織津姫

 

かも知れない‼️

 

しかも‼️長谷寺の記事を書き出したら通り雨がざっーと降り出したし…

 

きてますのかね…