レコードとレコードのあいだから……

いつもの角を曲がったはずなのに、そこは別世界。シンクロニシティな出来事が次々と起こっていくワクワクな珍道中。すべてノンフィクションです。

四国旅

四国に行く前、大阪の堀江にあるコペントガーデンの 梅田 りさ さんに「インターステラ」という映画を”絶対に見て欲しい❗️”と教えてもらいNET FLIXで観てみてビックリ!スパっーーーんと衝撃を受けました。内容は5次元4次元、重力のお話でした。

そこからいろいろネットでチョコチョコ見ていると… 4次元というのは人間の心の世界で、心の中は普通で言う時間の概念はなく、過去にも未来にも行けると言わば時を越えたところにあるのが心で、5次元の創造と破壊という両極のエネルギーがあるとするとそのエネルギーを「心」でどう自分が感じて良い方に悪い方に繋げるかで、この3次元に物質として現れると……。この3次元での具現化物質化のメカニズムは……と……

大体のこんな感じかな〜とぼんやりわかったようでわかっってないままに四国の旅が始まり…

徳島での虎屋さんでのライブ前に一人で眉山をロープウェイで登っていると「心」の文字が…天神社の境内にどかーんと見える。。。

日本の神社仏閣はそのことを表しているんですね、何気なく。。。。

そして高知へ

ライブの次の日に、土佐神社と鳴無神社へ!地元では土佐神社にある磐座は鳴無神社から土佐神社へ飛んで来たと言う口伝があるのを教えてもらい。鳴無神社では石碑に流れ星…と書いてありました。隕石…祭神の一言主とは…なんなんでしょうね…

鳴無神社の後の帰り道、案内してくれた方がここも行きますか?と指差したのが青龍寺奥の院…、前の晩にたまたま地図で見つけて行きたいな〜思っていた場所でした。もちろん行きますと車降りて山を登ること10分…鳥居に着くと社の前でお坊さんがお経をあげていらっしゃる姿が…「ありがたい」シチュエーション。

弘法大師が中国から放った独鈷杵横浪半島の古松にひっかかっていたその場所が現在の「青龍寺奥の院」。高野山だけではなかったんですね。 しかも、この社の祭神は波切不動明王…。そして謎の石像…。

ありがたい場所に行けただけでも凄いのに、お経まで聞かせていただけるとは…

それに、この青龍寺奥の院を偶然訪れた事で三社参りの完成になりました。

この青龍寺奥の院は第36番札所で、36という数字は数霊では…

《「36」は神なる世界へと向う神秘の数霊。心すなおに今を生きる姿勢が、神の誠に触れ神界へといざなわれていくのです。と同時に、心ひとつの置きどころで闇魔の住む闇夜の世界にも行けることも示しています。

「素直に生きよ 今を生きよ 祖先を敬い 神なる世界へ」》

と言う意味になるそうで…

なんだか映画インターステラの流れからの5次元4次元3次元の話そのまんまみたいですね。。。

空海さんは一体何をここでしてたんでしょうね…

そして、予定外の香川で一泊して、来月の高松〜松山ツアーの打ち合わせ。

次の日のランチ中に…

じゃぁこの5次元4次元3次元の世界で人間が作ったもの以外の植物や動物や自然はどうやってできたんだろうか?全てのモノに魂は宿ると日本にはある〜とか…ぼんやり考えているところを、たまたま撮ってくれた写真は…なんだか…意味深

土佐神社では、心を開くというメッセージもありました。

5次元から4次元の心を通して 今この感じることのできる3次元の社会は まだまだ全然良くなっていける。沢山の人々がそのことを知れば… この世の中はまだまだ良くなっていける。 心は自由に選択できるのだから…と… 確信してそう思います!

桑名晴子の新曲「永久」の歌詞をふと思い出し…

『 人はみな 自由に空を

飛んで行く事もできるのに…なぜ…

心閉ざしたとて 胸に秘めた炎は

もう一度 誠の自分に還りたい

そこからまた何かが始まる。。。♪』

大国ミロク大社「神 歌 」 桑名晴子『永久ーeikyuー』 - YouTube

2018年4月心の歌旅!四国編!

全てにありがとうございます!拝!

見えない世界へのレコードプレイ

何年か前に海の家で毎年の夏

 

7月8月の日曜日は、朝から夕方まで

 

海の家でレコードを回していました。

 

最初は良かったのですが…

 

朝9時から夕方6時まで1人でDJしていたんですね…

 

今思えば本当にクレージーだったなと思います。

 

f:id:keith5445:20180403151053j:image

 

海の家で回していたある日

 

霊魂は海(水)から戻ってくると知りました。

 

それを知るまではレゲエだけを掛けていたのですが…それを知ってからはいろんなジャンルを回すようになりました。

 

お盆休みの期間は特に海から戻ってくる霊魂に対して音楽を流すことを意識していました。

 

鎮魂と供養…

 

お経も説法も何も知らない自分ですが…

 

ただその思いだけで回していました。

 

その当時はこのことは誰にも話していませんでした…みんな海に楽しみに来ているのに…話せません…話す必要もなかった。

 

おかげで

 

そうやって回していた事が今に繋がっているんだなと思っています。

 

今、新しいセレクションCDを製作中です…

 

架空の映画を作ってそのサウンドトラックのCDを作っているのでずが…

 

その映画のストーリーも作ってあって

 

また完成したらパッケージに記載します。

 

その裏の内容もあって、見えない世界にいる魂への共振です。

 

今、自分は見えない世界を通してDJとして何かできないかといろいろ模索中です。

 

難しいテーマですが…

 

使う曲は市販されてきたレコードばかりです。

 

名前をあげればほとんど皆さんが知っているアーティストばかりだと思います。

 

というのも、今、生きている人の感情を通して見えない世界と繋げる。

 

 

f:id:keith5445:20180403141815j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通天閣とピラミッド

初めて通天閣に行ってきました。

それからビリケンさんを調べると日本経済新聞

ビリケンレイラインが…

通天閣ビリケン…大正…

大正と聞くとなぜかピラミッドってイメージがわきます。

ふと地図を開けて…通天閣からビヨーンと

地図を辿ると。。

忘れてた頃に…

二木島 (ニシキジマ)

神武天皇上陸場所と言われていて…

古代の大洪水の時 ムーの船玉を玉置神社へ運ぶ時の

上陸場所とも言われているそうで

通天閣との繋がりはわかりませんが

三毛入野命…ミケイリノス(ピラミッド建設大臣)と本か何かで見ていたのを覚えていて…

漠然と通天閣ビリケンさん、大正、ピラミッド…

古代エジプト、レムリア、ムー…と連想してしまう。。。。

ヒッピーロックとルーツレゲエロック融合の時代

80年代に入っての露骨な音楽産業のやり方はほんまにゲスい。

荒い言い方になってますが…本当に酷いな思う。。。

機材が一気に変わって良い音になったのは良いけれど。。。

その機材を使ってレコードをだせるのは…

レゲエでは81年にボブマーリーが亡くなった…

それ以降ルーツミュージックの波も消えた…

この70年代の終わりは 古き良きヒッピーミュージックな流れも

同様に80年代に入るとすっかり消えてしまっている。

これは偶然ではないなー思います。

陰謀論的などこかの世界の話にすり替えるようなインチキな話ではなく

このヒッピームーブメントとルーツミュージックムーブメントは

とても音楽全般にとってとても大切な大切な根幹である

人々の精神、反物質社会への意識の高さ

そう、潰された!!!!!!!!!!!

消された!!!!!!!!!

影でネイティヴ撲滅しようとしている動きもあるらしい…

それを証明するかのようなヒッピームーブメントとルーツレゲエムーブメントの第1期停滞。

そう表向きには消えたけど…

しかし、レコードには刻まれている

当時の風が!

今もこの地球に吹いている風が!

レゲエのレコードを回す人間は沢山いるけど

このヒッピームーブメントの匂いのするロックのレコードを回す人間は

あまり居ない。。。。

ハードロックともまた違う。。。

あれは完全なイルミナティの音楽

Ukの70年代のロックもそうだけど

なんか入ってるよ…あきらかに…

ヒッピームーブメントとルーツレゲエムーブメント

同じ兄弟であるように思う。

どちらもロック。

レコードに刻まれたデータに

針を落とす。

当時のスタジオやライブ会場の中に

リモートビューイングできる。

(まだできないけど…)

自分は DJやセレクターの中の1人

自分の今目の前にある現実とリンクしながら

レコードを選ぶ。

昨今のナチュラルブームは

自然回帰をただのお洒落なスタイルにすり替えられ。

スピリチュアルブームは、バブル時代と同じく。

わけのわからないマネーゲームにすり替えられ。

本質から逸脱している人が多い。

ほんとに選民主義じゃ駄目だよ…

自分を守るための、道具に使ってる人が多い

この複雑化した現代社会に落とし込めないと!

と自分は常な自分に対して思う。

ルーツレゲエムーブメントとヒッピームーブメントも消えてしまったのも全く同じ理論になると思う。

そろそろパソコンから離れる人が多いだろうね。

両方うまく付き合えれば

いいものだけど…

分岐点

2、3年前あたりでしょうか

 

ある日…そう…

 

8月13日…

 

13,,,,,,数霊の中で強い数霊

 

その日の昼過ぎ2時くらい

 

玉置神社へ奈良から向かおうか

 

それとも紀伊半島の白浜を回って熊野へ行こうか…

 

迷っていました。

 

今思えばすごい分岐点でした。

 

結果、白浜を回っていました。

 

玉置神社へ向かおうと家を出たのですが

 

忘れ物をして家に取りに帰るのを二回も❗️しているうちに時間がなくなり…夕方近くなり…

 

白浜を回って行く方を選びました。

 

というより最初からそうなっていました。

 

どうして白浜周りだったかと言うと

 

音楽仲間、レゲエ仲間に会いながら回って行こうと…

 

それからあれよあれよと今に至ります…

 

自分達よりはるかに切磋琢磨されて

 

たくさんの音楽的な経験を積まれてきた先輩方に沢山会う機会が増え…

 

毎日、音からいろんなことを教わっています。

 

僕はレコードを掛けて空間を作っていく

 

自分の波動をレコードが右回りに回転して

 

音楽が鳴り螺旋状にその空間に

 

広がっていくのに乗せてます。

 

想いではなく思いではなく重いではなく

 

ただ音楽をかける。

 

一つの曲の中に沢山の方々のバイブレーションが入っている。

 

歌手、バンド、エンジニア、プロデューサー…

 

受け取り方は人それぞれだけど

 

自分なりに今の自分なりに

 

その時その時感じるままに

 

ターンテーブルを右から左

 

ターンテーブルを左から右に

 

音楽をつなぎ、無限にループしていく

 

無限にループしていく

 

無限に…

 

 

海域火山と海底火山そして火山

海域火山データベース海上保安庁海洋情報部

日本本土だけでも火山が多いのに

海域火山の数は桁が違いますね…驚きました。

海底火山

こちらはNHKの特集↓↓↓

NHKスペシャル「火山大噴火 迫りくる地球規模の異変」 - YouTube

プレートが下に沈み込んでその時に入る水が岩を溶かしてマグマを作っていると。。

まさに火水(かみ)ですね。

自然災害…これを災害というのもまた違うなとおもう。

そこの人間主観な見方も変え、自然とともに生きていると

改めて教え知らせてくれるのが火山噴火だと思います。

大阪城は磐座の聖地だった

いつも読ませて頂いている神奈備さんのブログより

↓↓↓(青い文字はリンクを貼り付けてありますのでクリックしてください。)

坐摩神社 大阪市中央区

大阪城ができる前は、石山本願寺

石山本願寺の前は四天王寺

四天王寺ができる前は

饒速日命を祀る磐船神社が祀られていたと言う説があるそうで…

下照比売を祀っていた社が、高津へ遷座し、ここで磐船社と呼ばれた事の伝承とも言われる。

(以上ブログより)

磐座だった時代は河内王朝の初期の頃の話だそうです。

河内王朝 - Wikipedia

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を去年書こうと思って…やめてました…が……

昨年末、愛知の友人と一年ぶりに大阪の堀江で会い、ご飯を食べながら近況話の中で…

友人が飛騨に行った話をしていたんですね…

それからしばらくして…富士山に向かう旅の途中で

椿大神社に始めて立ち寄りました。

それから、旅から帰ってすぐに大阪で椿大神社繋がりになり。。。 (シンクロが早い)

晴子さんから教えてもらった本「神武以前」山本建造著を読んでいると…

椿大神社は、飛騨王朝の系統の方々の社とわかり…

河内も飛騨王朝からの流れも組んでいると本には書いてありました。

河内だけではなく、飛騨王朝が大和に移ったとも記載されていました。

椿大神社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話はイカスリ神社に戻りますが…

生駒山脈の高安山

イカスリ神社から見ると夏至の日の出

そしてトノキ神社から見ると冬至の日の出だそうです。

等乃伎神社 大阪府高石市取石二丁目

古代はその山ではなく、その山の向こうの見えない山を拝むと聞いたことがありますが…

その高安山の向こうには何があるのかな…と地図でだいたいで見てみると…

イカスリ神社から高安山の向こうには三輪山

トノキ神社の高安山の向こうは若草山

その流れから…そうすると大阪城から辿ると……なんとなく…

長谷寺やヨキ神社あたりに繋がっているような…気もします。

そうなると以前書いた長谷寺にあの体験はさらになんだったんだろうと…

言う気持ちにもなります。

長谷寺での不思議体験 - レコードとレコードのあいだから……

ヨキ神社あたりも原始信仰の残る場所らしく…

さてはて…結局繋がると言うか…引き寄せているというか

何かとリンクしているというか。。。

いずれまた何かに繋がるのでしょうね。。。

これも何かの鎮魂に繋がるなら流れに任せていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山本建造著の「神武以前」によれば、新羅の襲来を予見していた飛騨王朝が

侵攻してきた新羅を撃退したと、しかし、罪を憎んで人を憎まずというか…

新羅の王子を許したとも書かれてあります。その後日本に残るわけですが…

神奈備さんの記事を読むとツゲというのもトノキというのも古新羅語だそうで…

こちらも繋がりそうですね…なんとなく…